富山ツーリング一日目(2015/04)

GW近辺は雪を横目に走るに最適な季節。
ってことで毎年この時期は日本海方面ツーが定番化。
一泊二日で行って参りました。
01_ 今年初キャンツー
...何か物足りない

02_ 草津湯畑

02__2 朝から観光客ちらほら

03_ 定番の白い壁。
今年は低すぎ。4月暖かかったから?

04_ 志賀てっぺんから。
いつ見てもキレイ

04__3 空気澄んでいる午前中がお勧めです

05_ 湯田中駅。
駅前に無料の足湯があります。まったり

05__3 道の駅湯田中で大盛り天ぷら蕎麦。950円。
この近辺の蕎麦はウマウマ。そしてコスパよし

06_ お次は北アルプスの山々

06__2 白馬駅。
この時期は雪なんかないのね。4月初でも行けるかなぁ

07_ とちの実ソフト。350円だったかな

07__2 この辺のツバメはかなり近寄っても逃げないのです。
かわゆす

08_ 今日の宿営地は園家山キャンプ場
...銀マット忘れた!!

他の利用者が0時過ぎまで騒いでハズレの日。目覚めちゃった

09_ 晩飯に肉&ほたるいか

09__2 フラッシュOFFだとかっこよす

一日目は逆時計回りで半分くらい。

本日の走行距離:455km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯西川ツーリング(2015/04)

もう4月も半ば。
ある程度の山中もバイクでも行ける様に。
花粉シーズンの次はバイクシーズンです!

今回ホントは只見まで行って雪山を眺めるつもりでしたが、
あえなく出遅れたので湯西川まで。

朝7時発。
せっかく3時に起きたのに二度寝。
いけるトコまでひたすら北上です。
01__3 昼飯に蕎麦屋。三たて蕎麦 長畑庵

01__4 蕎麦二合。1,000円。
メニューは蕎麦のみで天ぷら蕎麦がなくて残念。
蕎麦はまーまー。三合くらいはよゆーで食べれそう

02_ 安ヶ森林道はまだ雪の中

03_ 大笹牧場の馬。乗馬もできます

03__2 ジャージー牛乳のソフト。350円

04_ 道中よくわからん通行止め。
別に危なそうなトコなかったけど...住民もいないし

05_ 締めは佐野ラーメン。
たまため見つけたしまだや

05__2 ラーメンと餃子。1,082円
ラーメンはあっさり普通。餃子はウマー

桜も沢山見れて満足です。



本日の走行距離:446km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高峰高原ツーリング(2015/03)

またすっかりブログ放置。
いつの間にかヤフーIDが削除された模様で、
ルートナビに登録してた過去のツー履歴が参照できなくなってしまった模様。
なんてこったい_| ̄|○
今回は試しにGooglemapで表示させてみたけどどーかなー?

長々書こうとするから気ぃ張ってまたサボるので、文章はシンプルを心掛けます。
写真でごまかす!

朝7時発。なぜ早起きできないのか。
ま、まあ凍結してたら危ないものね!

...おっと。
こんな前置きするから長くなっちゃうのです。ささっと。
そろそろ信州方面も昼間なら走れるかなーと様子見ツーです。
01_ 初っ端はズサー現場。やっちゃった...軟骨損傷全治一ヶ月。
バイクはカウルが数箇所傷。こ、これで立派なオフ車だね!
対向車いなかったのが幸い

02_ スキー場も運営中

03_ 高峰高原。まだ2,000m級は雪だらけ

04_ 昼食はアトリエ・ド・フロマージュ対面の蕎麦の茶屋 丸山

04__3 天ぷら蕎麦。1,750円...だったかな
高ぇ!天ぷら美味いけど肝心の蕎麦がやる気ない歯ごたえで微妙

前に小諸の別蕎麦屋行ったけどやはり二度といかないレベル。
小諸地方の蕎麦は自分に合わないようです。

05__2 アトリエのソフトは口にあいます!

今年も花粉の季節を乗り越えて走るのです。



本日の走行距離:452km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10,000km!

新車のセローたんに乗り始めて早半年。
一回目の大台達成です!
Dsc_0001 新車購入が2014年06月
半年弱での10,000km走破は過去最速。

ネイキッドのゼルたんからオフロードに乗り換えたせいか、
今まで走り潰した道も新鮮な気持ちで走れます。
バイクって楽しいな!を再認識してるのでついついお出かけ回数と距離が伸びて浮かれている模様。
...ブログかけてないけど。

ちょっと心配していたYAMAHAクオリティによる故障も今の処なし。
まだまだ旅は始まったばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道ツーリングの検討2014

もう出発間際だというのに何かと忙しく。
とりあえずプラン立てと予算立てだけでも検討を。
何か心の準備が追い付いていない。

【プラン(7泊8日)】
●7/27(日)
  0900 新潟港着
  1030 新潟港発
 1900 就寝
●7/28(月)
  0430 小樽港着
  0500 朝飯
  ~オロロンラインひたすら北上~
  1100 昼飯
  1500 兜沼キャンプ場着
  1600 豊富温泉
●7/29(火)
  0430 起床
  0715 稚内発利尻行フェリー
  0855 利尻着
  1130 昼飯
  1305 利尻発礼文行フェリー
  1345 礼文着
  1500 礼文キャンプ場着
●7/30(水)
  0430 起床
  0840 礼文発稚内行フェリー
  1035 稚内着
  1130 宗谷岬
  1300 昼飯
  1700 紋別泊(紋別セントラルホテル)
●7/31(木)
  0600 起床
  0700 朝飯
  0800 紋別発
  ~フリータイム~
  1600 オンネトー国設野営場泊
●8/1(金)
  0500 オンネトー国設野営場発
  0700 網走朝市
 0900 流氷博物館

  1600 どっかキャンプ場泊
●8/2(土)
  0500 どっかキャンプ場発
 1000 富良野ラベンダー
  1730 苫小牧着
  1900 苫小牧発
●8/3(日)
  1000 仙台着
  2200 家着

【予算】
  高速     : 3,000円(一部)
  フェリー行  :16,870円(新潟 - 小樽)
  フェリー帰  :18,000円(苫小牧 - 仙台。ネット割)
  フェリー周遊:16,550円(稚内 - 利尻 - 礼文)
  キャンプ泊 : 1,500円(3泊@500円)
  ビジホ泊   :12,000円(2泊@6,000円)
  風呂     :  3,000円(6回@500円)
  ガソリン   :14,400円(8日×10L@180円)
  飯       :32,000円(8日。朝500円、昼1,500円、夜2,000円)
  観光     : 2,000円(2回@1,000円)
  土産     :15,000円
 ネコ世話   :10,000円(交通費3,000円、土産7,000円)
  -------------------------
        計:144,320円

予算は去年の実績を参考に。
どーしても中日に1時間ぐらいパソコンでお仕事しなくては。
また10マンoverか...働こ。でも残業代出ないの

(2014/7/26 追記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セローたんよろしく

ゼルたんとお別れし、新たな相棒としてセローたんを指名。

今度乗り換えるならオフ車と決めており、一番の本命はジェベル。
が、跨ってみたところ足が届かない...
ケツずらせばかろうじて片足つきますが、田舎道なら兎も角、都内の交通事情を考えると
足が着かないと保険がいくらあっても足りなさそうなので泣く泣く断念。
あのおっきなライトがカッコ良かったのに...残念。

で、足が着くオフ車となるとセローかな、ということで指名買いです。
スペック表見ると馬力が大分弱々しいのが一抹の不安ですが...狭い日本ですから。

今年で30周年となりロングセラーの歴史をもつセロー。
今までは中古車一択でしたが、こちらは新車と中古車から選択可能。
かつ、人気車のせいか中古車でも最安値が30マン弱とかなり高め。
思えばゼルたんは乗り出し価格28マンだったのに、よく頑張ったモノ。

定番のgoobikeで検索すると、近場のYSPに中古車が2台あるようでさっそく見に行ってくることに。
正規店なら新車もあるしね。

さっそく来店して中古車の状態を確認。うん、わかんね。
新車と中古車の乗り出し価格と保証等を聞いてみる。
自分では意外だったけど、店曰く中古車の方が利幅が大きいらしい。

新車だと3年保証サービスとかロードサービスとか沢山保証付けているかららしいけど...
保証使われたら新車の利幅が小さくなる(=何もなきゃ利幅大)ってコトじゃね?
言わなかったけど。

ま、不動産と同じで新品は労せず入居者入るし、物件の傷みも少ないので修繕少なくていいけど、
保証が切れる頃からあちこち手間がかかり始めるってことですよね。要は。
業界違っても儲けるスキームは同じ、と理解しました。

新車と中古車との価格差が50kほどで数年保証&ロードサービス無料らしいので、
林道で立ち往生した際の安心料と、ディーラーのサービスなるものを体感すべく
今回は新車に初挑戦。身分不相応ともいう。
01_納車

01__2新品ですよ

02_マニュアルも別途購入です

これからよろしくね、セローたん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼルたんお別れ

ついにこの日が来てしまいました。

以前よりゼルビスの買い替えを仄めかしつつ1、2年と引き延ばし、
こりゃ致命傷な不具合が出るまで自分から買い替えの決心つかないだろーなー
と漠然と過ごしてきたここ1年。
走行距離が大台に乗るたびに次1万kmと先延ばしするも決断の時です。

きっかけは仕事帰りのにわか雨宿り。
止んできたので再出発、メインキーをオンにしてセルボタ...電装系が何も反応せず。
えー!!?20分前まで正常に動いてたじゃん!?

にしてもこの事象どっかで。
そうだ、四国ツー初日に陸送したバイクを受け取った時と同じだ。
あの時はセル押したら電装系が全滅してウンともスンとも言わなくなったって違いはあるけど、
電装系が何も反応しないって結果は同じ。
となるとバッテリ-死亡...?
でも他に引っかかる箇所がちらほら。

取り合えず自分で試せるのはバッテリー充電ということで、
バイクは緑虫に捕獲されないことを願い隅っこに置き、
バッテリーだけ持ち帰って家で充電、翌朝再びチャレンジです。

翌朝。
幸いにも緑虫に捕まらずにいたゼルたんにほっとしバッテリー再接続。
お願い!!と目をつぶってキーオン!

...反応なし。
薄々イヤな予感はしていたけど、やはりバッテリーじゃなかった模様。
となるとどっかで断線している可能性が高そうなのですが、
いかんせん電装系は自分でいじるのからきしダメ。テスターもないし...
素直にバイク屋持ってくしか無さそうです。
こーゆー時になじみのバイク屋やロードサービスが無い身としてはつらい。

一応近場で調べておいたバイク屋に駆け込み見てもらったところ、
メインキーらへんが断線していると判明。
部品交換でキー周辺丸ごと交換しかないらしい。
取り合えず動かしてもらえるよう頼んだら、配線直結して動かせるようにしてくれました。
プロってすげー、手際と判断良すぎ。

とはいえ。
キー周辺をまるっと交換すると数万コースだろうし、
消耗品であるタイヤもチェーンも交換時期近く。

直結のまま走り続けるのも周囲から白い目見られそうだし(盗難と間違われる)用品店やバイク屋にも怪しまれること受け合い。

かつ、あちこちボロボロ(なのは自分のメンテ不足ですが)ですので
いい加減ゼルたんをお休みさせてあげよう、と踏ん切りつけた次第です。
エンジンは全然問題ないのに...もったいない。Vツイン強すぎ。
01_

01__3

01_3

見た目に惚れ、元々当初から乗り潰すつもりで買ったゼルビス。
期待に応え、まだ2台目だけど自分としては最高のバイクと言えるくらいの走りを共に過ごしてくれました。
色んなトコ行って転んで何事もエンジンかかって走って帰って...
今までありがとう、ゼルビス。
02_

2003/08/23 ゼルビス購入   14,246km
2014/06/29 ゼルビス離別 123,615km

10年10ヶ月 109,369kmの旅路でした。
何度でも言うよ!今までありがとう、ゼルたん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

礼文/利尻島へのツー検討

さて今年も夏休み中に北海道ツーリングに行くことに。

今年のトピックは島流し島渡り。
行こうと思わないと中々行けない礼文/利尻の2島に渡ってみることにしました。

東京都にも島は沢山ありますが、島に渡ってのツーはしたことなく。
せいぜい四国くらいでしょうか。どんな感じになるのかwktkです。
事前に佐渡くらい行ってみればよかったな。

気になるのは天気と時間と費用。
天気はどーしよーもないですが、時間と費用は事前検討可能なので
ちょっくら材料集めしてみることに。いくつかプラン検討です。

【渡航情報】
※渡航は7月。時期により時間や本数は異なります

●礼文
道路は半周のみで大体30km、宿は利尻より多い?花の礼文島、えぞばふんうにで有名。
最北限(最北端は宗谷岬らしい)のキャンプ場。
・渡航(1h55m):稚内 ⇒ 礼文(香深) 1日3便(6:20、11:00、15:30発)
          :礼文(香深) ⇒ 稚内 1日3便(8:40、12:30、17:50)

●利尻
一周大体55km、宿少ない?、利尻富士、きたむらさきうにが有名で登山者多し。
・渡航(1h40m):稚内 ⇒ 利尻(鷲泊) 1日3便(7:15、10:50、16:30)
          :利尻(鷲泊) ⇒ 稚内 1日3便(8:30、14:25、17:10)

●礼文⇔利尻
・渡航(0h40m):礼文 ⇒ 利尻 1日3便(10:25、13:20、16:05)
          :利尻 ⇒ 礼文 1日3便(9:25、11:25、13:05)

【プラン検討】
●日帰りプランその1(稚内⇒利尻⇒礼文⇒稚内)
・日程:
  7:15稚内発 - 8:55利尻着 - 島探索(4h10m) - 13:05利尻発 - 13:45礼文着 - 島探索(4h05m)  - 17:50礼文発 - 19:45稚内着 - 稚内泊

●日帰りプランその2(稚内⇒礼文⇒利尻⇒稚内)
・日程:
  6:20稚内発 - 8:15礼文着 - 島探索(5h15m) - 13:20礼文発 - 14:00利尻着 - 島探索(3h15m)  - 17:10利尻発 - 18:50稚内着 - 稚内泊
(日帰り共通)
・費用:
 フェリー :16,550円
 宿     :      0円(稚内キャンプ泊)
 飯     :  5,000円(朝、昼、晩飯)
 ----------------------
      計:21,550円

 ○:1日で2島回れる、翌日早朝から出発可
 ×:島滞在約8hで観光慌しい、昼間でもウニ食べられる?

●一泊二日プランその1(稚内⇒利尻泊⇒礼文⇒稚内)
・日程:
 一日目:7:15稚内発 - 8:55利尻着 - 島探索(7h05m)- 16:00宿チェックイン
 二日目:8:30宿チェックアウト - 9:25利尻発 - 10:05礼文着 - 島探索(7h45m) - 17:50礼文発 - 19:40稚内着 - 稚内泊

●一泊二日プランその2(稚内⇒礼文泊⇒利尻⇒稚内)
・日程:
 一日目:6:20稚内発 - 8:15礼文着 - 島探索(7h45m)- 16:00宿チェックイン
 二日目:9:30宿チェックアウト - 10:25礼文発 - 11:05利尻着 - 島探索(6h05m) - 17:10利尻発 - 18:50稚内着 - 稚内泊

(一泊二日共通)
費用:
 フェリー :16,550円
 宿     :12,000円(旅館泊)
 飯     :  8,000円(朝、昼2、晩飯)
 ----------------------
      計:36,550円
 
 
 ※キャンプだと宿1,000円で25,550円

 ○:ゆっくり観光できる
 ×:1日1島観光する場所ある?

●共通
○:コレまでのツーと違う感覚が味わえる?中々行く機会ないし
×:フェリー予約できないので満員の場合拒否、雨天の場合欠航して行けないor戻れない

さて全体プラン検討で早急に情報収集しないとね。
出発は7月末!晴れますように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そのまま秩父ツーリングへ(2014/04)

クロスカントリーを無事完走して息を整えると正午くらい。
まだ日は高いじゃないですか。

つー訳で秩父方面を軽く流して帰宅することに。
その前に意外と汗かいてなかったけどひとっ風呂浴びに日帰り温泉へ。
近場だと同じ事考えている人が多そうでゆっくり出来ないのでちょっぴり遠めの温泉を探します。
でもあんま遠いと風邪引いちゃうのでバランスが大事です。

最初はかんなの湯ってトコに行こうとしましたが、
入口で入館料1,200円の文字が飛び込んできたのでUターン。
館内設備の状況がわからないのに1k以上は躊躇。
下調べって大事ね。
04_次に見かけた白寿の湯。800円か...許容範囲ってことで。
ぬるぬるした湯は黄土色、床も影響されて同色となっており雰囲気出ています。
内湯はぬるめ、露天は大分ぬるいのが難点ではありますが、
これからの季節は快適に浸かれそう。

そして館内は休憩室の他、専用の仮眠室まで!
食事もオリジナルで美味しそうでしたし、もしかしてココかなり当たりかも?
今まで知らなかったのがちょっぴり悔やまれます。
なかなか日帰りのルートで通らない位置ですが、ちょっと寄り道する価値はありそう。

やっぱり走り疲れ&いい湯&仮眠室のおかげでたっぷり2h仮眠。
日が傾きかけてる!?気力充実でのんびり帰ります。

秩父から都内に向かうにはオーソドックスにR299ですが、
時間と余力次第で奥武蔵グリーンラインを通るのがお気に入り。
交通量はもちろん少なく、ずっと尾根を走っている気分にさせてくれるのが楽しいのです。

道幅とかは山梨のクリスタルラインに似ていて狭いんだけど、向こうはイマイチ。
何が違うんだろ?

東京で大雪が降ったのはもう2ヶ月以上前のこと。
その雪かその後の雪かは定かではないけれど、秩父の山道には時折残雪が残っておりました。
長野とか新潟はどーなっているのかな。

暗くなる前の山道をくねくね走るのは至上の楽しさ。
事故っても誰も通らない&もうすぐ暗くなるというスリルがたまりません、とMっ気全開。
05_ 顔振茶屋から夕焼け

06_天ぷらざる蕎麦。840円だったかな

顔振峠近くの蕎麦屋で晩飯。
寒いけど外で夕暮れ時を見ながらのんのんびより。
この時期は山菜の天ぷらが最高なのです。
でもランニングで筋繊維が傷んでいる今は肉を食べた方がよかったか、と後で思ったり。

この蕎麦屋には何回か訪れたことがありますが、
いつも店に店員と顔なじみの客が居るらしく、お互い和気藹々とフレンドリーに会話しています。
かつ一見さんのような自分に対しても気を配ってくれ、人情が身に沁みるのです。
古き良きお店ですね。

本日の走行距離:241km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根ツーリング(2014/03)

最近タイヤの外側を使えてなく、四角いタイヤをまぁるくする為に、
今回のツー経路はひたすら山道をチョイス計画。

数日前の暖かい雨で塩カルはすっかり洗い流され、凍結の心配もそれほどなく?
でも3連休の中日なので渋滞が心配。
そんな条件下で箱根という有数の観光地にわざわざ行くなんて、マゾか渋滞スキーしかいないよ!?
との思いを振り払い、せめてもの抵抗で朝5時発です。

勝負は観光バスが眠りから覚めるまで。
まずは箱根方面へひたすらR246。
厚木からの1車線はもうどうにもならないのでしょう。
ここだけ先行して第二高速を開通させるだけでも高速派と下道派がお互い幸せになれるのに。
と言いつつ厚木からのルートは地図上で最短に見える小田原厚木道路の側道で。

この連休中は春分の日がありまして。
ってことはお日様時間と月夜の時間が半分づつってことですよね。
ここから先はお日様時間が長くなるばかり。18時ならまだ明るいのはうれしい限り。
01_朝早く出たので朝飯を。
小田原早川の魚市場食堂
土曜なのに観光客もいなく地元民もいない...もしかしてぼったくりで有名な食堂?
なめろう丼 1,200円。

特筆するモノはないけどふつーに美味い。でも出てくるのに20分...遅っ!
01__2早川港

さて朝ご飯食べて体も気温も暖かくなってきたところで、いよいよ箱根の山に登ります。
今日のメインどころですからね。

箱根来たのっていつ振りだろう。
いつも混むイメージがあるからあんまり近寄らないのです。
でも深夜のR1は沼津側の夜景がキレイなので好き。
もっぱら夜に箱根まで行く機会がないですが...久々行きたくなってきた。
02_芦ノ湖

02__2遊覧船もありますよ

途中でちょっとだけ連れのバイクと交換走り。
何かちっちゃいな。同じ250ccなんだけど、ネイキッドと比べるとゼルたんデカイ。
昔乗ってたJADEたんを思い出します。
にしても連れがゼルたんに対し乗り辛いと文句ばっかり。
こっちはロクに整備してないのですからー赤男爵とは違うのです。

箱根を抜けて御殿場まで。
連れがベーコン買いたいと言い出したので箱根やら御殿場やらの
肉屋を回ってみたものの手頃な価格のモノがなく。
高かろう美味かろうはわかるけど、庶民の求めるモノは安かろう美味かろうなのです。

つことで急遽自分お薦めの朝霧高原まで足を伸ばすことに。
峠道はお預け。代わりに富士山南側の高速コーナーをプレゼント!
凍結心配ないっていいね。砂が怖いけど。
03_その前に昼飯を
レストラン五味

03__2前菜のスープ

03__3しし肉のヒレカツ丼 1,500円
美味いけど店の雰囲気チョイス間違えた予感

04_朝霧高原から富士山を

04__2おまけ

05_ソフト。400円
ここ数年道の駅朝霧高原の観光地化が激しくなってる件について。
個人的にはミルクランドの方がほっとするかも

食品売り場には目当てのベーコンがよりどりみどり。
300円@100gが相場かなぁ。自分はちょっと安めの780円@300gを購入。
家帰ってさっそくそのまま食。ワインのつまみによく合います。白だけど。
連れは1kg買っておりました。どんだけ食うんだ。

箱根にあった1,000円@100gを見ちゃったから安く感じますが、
NBだと100円@100gがふつーのスーパーで売ってるんですよね。
味+雰囲気代込ってことで。

さて朝早かったこともあり眠気がウトウト。
道志道先の温泉に寄るつもりでしたが、限界が来ているので山中湖近くの温泉に退避。
写真忘れたけど石割の湯。700円。露天はかなりの温め。
やっぱ観光地近くの温泉だけあって人混み一杯。
休憩室に寝るスペースあってよかた。と仮眠です。

本日の走行距離:341km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧