« 中部ツーリング(二日目 | トップページ | 今クールのアニメ事情(2013/10) »

北海道ツーリングの検討

さて以前のブログで記載した通り、
来月初に北海道ツーを決行することに。
5年ぶりかな。超楽しみ!!

とはいえ10月の北海道は初めて。
キャンツーする身としては最低気温が気になるとこです。

春のキャンツーで0℃くらいまでは経験あるけど、
あれは冬を越した上での体感気温だからなぁ。
秋の東京から北海道に逝くと、体感的に気温-5℃ほど補正値ありそう。
バイク乗りもいないだろうし、一足早めの紅葉を楽しみましょう。

そして。
さて道程はガチガチに決めず、都度天気のいい方面に出かける具合ですが
ある程度逝きたいトコを下調べしておきたいので整理がてら羅列してみたり。
今回は道東に絞り、ひたすら走るツーリングは自重です。観光観光。

【スケジュール】
10/05(土)
 00:00 都内出発
 10:30 新潟港出航 ~ 船泊
10/06(日)
 04:30 小樽着
 
 05:00 小樽朝市 朝飯海鮮丼
 
 
 12:00 池田 ワイン祭り
 15:00 池田泊(キャンプ)
10/07(月)
 釧路湿原散策
 ウトロ泊(キャンプ)
10/08(火)
 08:30 知床岬観光船
 カムイワッカの滝
 知床五湖散策
 網走泊(ビジホ)
10/09(水)
 ネット使えるトコでちょっとお仕事
 北見泊(キャンプ)
10/10(木)
 三国峠紅葉
 どっか泊(ビジホ)
10/11(金)
 (予備)
10/12(土)
 
  (予備2)
 19:30 苫小牧港出航 ~ 船泊
10/13(日)
 15:30 新潟港着
 深夜 都内着

【行きたいトコ(今回の目的)】
・池田ワイン祭り(10/6)
  ちょうどワイン祭りが開かれるらしい。牛肉食べ放題だって
・知床岬観光船
  クマー

【行きたいトコ(候補)】
・知床五湖
  いつぞやか二湖くらいまで行ったことある
・カムイワッカの滝
  湯に入りはしないけど見学
・釧路湿原
  広大な湿原を眼前に
・三国峠
  ちょうど紅葉?
・ハマナス、野付
  バイク乗りは突端スキー
・ばんえい競馬場
  競馬は興味ないけど馬スキー

【予算】
・高速往復   : 3,000円(都内 - 新潟。なるべく下道)
・フェリー往復 :19,400円(新潟 - 小樽。早割)
・ガソリン費   :20,000円(13L@170円×9日)
・キャンプ費   : 2,000円(4日@500円)
・ビジホ費    :10,000円(2日@5,000円)
・食費       :36,000円(9日@4,000円)
・観光費      : 3,500円(7日@500円)
・池田ワイン祭 : 4,000円(参加費)
・知床船      : 7,000円
・土産費     :10,000円
////////////////////////
         計:114,900円

...おう、結構掛かるな。
何とか100k以内に収めたいところ。

【準備】
●必須
せっかく北海道行くからには色々買い換えたいんだよなー。
FXで稼がなきゃ。予算と相談。
・オーバーパンツ
  4月にコけてからあちこち穴が空き、すぐ雨が浸み込むように。
  防寒具兼雨具なので寒い中浸み込むと致命傷
・冬用グローブ
  劣化が激しくこちらも雨が浸み込むように。
  割と高かったんだけどなー5年もたなかった予感

●できれば
・ヘルメット
 この前洗濯したらインナーの裏側に2004年製とありましたよ。
 完全に耐久年数超えてる予感。
 何よりシールドが傷だらけで視界3割減を何とかしたい
・ツーリングマップル北海道2013年版
 手元にあるのは2001年版。
 コレ持っていって10年超の歳月を味わいたい気持ちもありつつ。
 最新版がなかった為に逃したモノがあったら悔しい気持ちもありつつ
・バイクバッテリー
 4年ほど使っているので現地で突然死する可能性も否定できず。
 でもそれは最新でも同じか
・シェラフ
 適用可能温度2℃で大丈夫かもさることながら、
 チャックが壊れて締まらないのはいかがなもの。
 キャンプは比較的暖かい海沿いを中心に泊まる見込みですが、気温一桁はいくでしょう

|

« 中部ツーリング(二日目 | トップページ | 今クールのアニメ事情(2013/10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18712/53366252

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ツーリングの検討:

« 中部ツーリング(二日目 | トップページ | 今クールのアニメ事情(2013/10) »