« R152縦断ツーリング(一日目 | トップページ | ジム退会 »

R152縦断ツーリング(二日目

箕輪 - 大鹿 - 遠山 - 接岨峡 - 河口湖 - 中央相模湖IC - 高井戸IC着

朝5時。すがすがしく晴天。
途中何度も目覚めることはなかったですが、寝袋包まっていても寒いものは寒い。
でもここで目を瞑るといつもの二の舞...えいやっ!

テントの撤収を済ませようと静かにガサゴソ。
何と外のコップにうっすら氷が...気温は0度。寒いわけです。
適応温度2度の寝袋では限界。チャック壊れて閉まらないし。

さて昨日のブレーキフルードの漏れは...うん、大丈夫みたい。綿すごい。
昨日晩飯で団欒した他のバイク乗りも早起き。
別れを告げてR152を再び南下します。

早朝とはいえGWなので混み具合を心配しましたが、すれ違う車はほとんどなし。
道が狭いのは有名らしく、普通はちょっと西を走るR153を利用するのでしょう。
おかげで狭い道でも快適に走れます。
くねくね道を快適に、バイク乗って走ることの喜びを感じられる瞬間です。
01_大鹿町で一休み。朝早くて店はまだお休み

01__2南アルプスへようこそ。通行止めだけどな!

02_のどかな風景

02__2山が近いです

02__3情緒あふれる橋

02__4たまに見かける一部禿山は何でしょう。崖崩れ?

03_この辺は中央構造線なるものがあるらしいです

03__3...どれ?

林道を行くとしらびそ峠の文字が。
景色がいいとよく聞く地名でしたが、こんなとこにあったのね。
生憎この日は空気が靄っていて南アルプスもピンボケ。
決してカメラのせいではございません。
04_雪冠の南アルプスが...見えない

04__2午前中だと逆光なのがイタイ

04__3ツバメの巣が沢山。親鳥が忙しなく行き来してます

05_しらびそ峠を下ると下栗の里

05__2蕎麦屋のメニュー

05__4下栗手打ち蕎麦1,200円
マズいし少ないしで行く価値無し!がっくり

06_r152R152の断絶。
2箇所ほど断絶してまして、間は舗装林道が繋げております。

昨日もそうでしたが、走っていると目が痛い鼻がムズムズ。
もうGWの時期は杉花粉はないと思いきや、やっぱり山奥はそれなりに飛んでいるようです。
07_橡の実入り大福ウマー

13時過ぎに水窪を過ぎ、いつぞやニュースで話題になった天竜川沿いをひたすら南下。
ここまで来ると道も広く走りやすい。

このままR152の終点まで行くつもりでしたが、
そこからR1で帰るのもイマイチと思い、R362へスイッチ。
R152は2年ほど前に浜松から水窪まで北上したことがあるので、
これにてR152制覇!ということでここは一つ。
08_千頭駅。寸又峡、接岨峡への入り口

08__2終点井川駅。電車も終電終了。早いよ!

R362の細々でも走りやすい山道を駆け、接岨峡へ。
こんなトコに電車が走っているのはちょっぴり不思議。
よっぽどな山のリゾート地なのですかね。
今度はココ目的で日帰り...行けるかな。

井川駅着でもう時計は16時半。
最終電車も終わり、GW前半最終日だけあって人の気配も車の気配もほぼ無し。

道は狭いし日は落ちてきたしで不安に駆られながらもくねくね道をくねくね。
自然と焦りも生まれてしまいますが、自分を落ち着かせながら一心腐乱に人里まで走ります。
今度は余裕持って近々訪れたいものです。もっと奥まで行ってみたいし。

さて、帰りルートで迷いが。
ここから山梨方面へ抜けるには、
「井川雨畑林道」「梅ヶ島林道」「清水経由R1」
の3ルートがあるみたい。

一番近いのは「井川雨畑林道」ですが、
この時期は冬季閉鎖とマップルコメントの通行止め多し、が気になる。
「梅ヶ島林道」も同様。

林道抜けられれば近道だけど、この時間帯でしくじると暗くなって山道で泣けてしまうのでムリは禁物。
大人しく南下して遠回りルートの「清水経由R1」を選択。
急がば回れです。
(帰ってから調べたら、林道は両方とも通行止め。選択正解)

清水から由比富士宮経由で河口湖。
ホントはR246で帰ろうかと思いましたが、R246は松田から厚木の片道一車線がツライ。
東名はもちろん渋滞ですし。早く新東名を東京まで開通させてほしいもの。

ラーメン食ってまったりしてると渋滞も大分掃けたらしく、
中央道で帰還しました。

朝早く現地から出発しても、R152はやっぱり難所で1日がかり。
都内からだと日帰りはやっぱりムリそうです。
また機会見て泊まりで走りに行こうっと。


本日の走行距離:571km

|

« R152縦断ツーリング(一日目 | トップページ | ジム退会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18712/51617879

この記事へのトラックバック一覧です: R152縦断ツーリング(二日目:

« R152縦断ツーリング(一日目 | トップページ | ジム退会 »