« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

ジム退会

前回の様子はコチラ

去年7月から通い始めたジムを先月末で退会することに。
約9ヶ月の所属でした。

細かい理由は色々あれど、一番大きな理由は
9ヶ月通ってもそんなに体の状態が変わらなかった(ように見える)こと。

ジム通い9ヶ月という期間が長いのか短いのか分かりませんが、
個人的には長く感じるのでこれ以上続けても、という感じです。

もちろんやりようによっては9ヶ月という期間で目に見える結果を出すことも
可能だと思うのですが、いかんせんコレだけに手間暇掛けると長続きしないもの。
一回あたりの滞在時間を延ばすなり、パーソナルトレーナーに見てもらうなり。
片手間の身としてはここらで潮時です。しばらく家で腕立て腹筋背筋やってみる。
続くかな...?

という訳で最終結果!
ジム通い直後の結果と比較してみましょう。

(2012年7月 ⇒ 2013年4月(括弧内は平均))
【体重】55.50kg ⇒ 55.25kg(59.90kg)
【体脂肪率】11.6% ⇒ 8.0%(17.0%)
【脂肪量】6.45kg ⇒ 4.40kg(10.20kg)
【筋肉量】46.50kg ⇒ 48.20kg(47.10kg)
【BMI】20.4 ⇒ 20.3(22.0)
【基礎代謝量】1,353kcal ⇒ 1,399kcal

なぜか筋肉量が先月の結果より飛躍的に伸びていました。
先月そんなにジム通ってないのに...最後だからおまけしてくれたみたい。
ともあれお疲れ様!(自分に)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R152縦断ツーリング(二日目

箕輪 - 大鹿 - 遠山 - 接岨峡 - 河口湖 - 中央相模湖IC - 高井戸IC着

朝5時。すがすがしく晴天。
途中何度も目覚めることはなかったですが、寝袋包まっていても寒いものは寒い。
でもここで目を瞑るといつもの二の舞...えいやっ!

テントの撤収を済ませようと静かにガサゴソ。
何と外のコップにうっすら氷が...気温は0度。寒いわけです。
適応温度2度の寝袋では限界。チャック壊れて閉まらないし。

さて昨日のブレーキフルードの漏れは...うん、大丈夫みたい。綿すごい。
昨日晩飯で団欒した他のバイク乗りも早起き。
別れを告げてR152を再び南下します。

早朝とはいえGWなので混み具合を心配しましたが、すれ違う車はほとんどなし。
道が狭いのは有名らしく、普通はちょっと西を走るR153を利用するのでしょう。
おかげで狭い道でも快適に走れます。
くねくね道を快適に、バイク乗って走ることの喜びを感じられる瞬間です。
01_大鹿町で一休み。朝早くて店はまだお休み

01__2南アルプスへようこそ。通行止めだけどな!

02_のどかな風景

02__2山が近いです

02__3情緒あふれる橋

02__4たまに見かける一部禿山は何でしょう。崖崩れ?

03_この辺は中央構造線なるものがあるらしいです

03__3...どれ?

林道を行くとしらびそ峠の文字が。
景色がいいとよく聞く地名でしたが、こんなとこにあったのね。
生憎この日は空気が靄っていて南アルプスもピンボケ。
決してカメラのせいではございません。
04_雪冠の南アルプスが...見えない

04__2午前中だと逆光なのがイタイ

04__3ツバメの巣が沢山。親鳥が忙しなく行き来してます

05_しらびそ峠を下ると下栗の里

05__2蕎麦屋のメニュー

05__4下栗手打ち蕎麦1,200円
マズいし少ないしで行く価値無し!がっくり

06_r152R152の断絶。
2箇所ほど断絶してまして、間は舗装林道が繋げております。

昨日もそうでしたが、走っていると目が痛い鼻がムズムズ。
もうGWの時期は杉花粉はないと思いきや、やっぱり山奥はそれなりに飛んでいるようです。
07_橡の実入り大福ウマー

13時過ぎに水窪を過ぎ、いつぞやニュースで話題になった天竜川沿いをひたすら南下。
ここまで来ると道も広く走りやすい。

このままR152の終点まで行くつもりでしたが、
そこからR1で帰るのもイマイチと思い、R362へスイッチ。
R152は2年ほど前に浜松から水窪まで北上したことがあるので、
これにてR152制覇!ということでここは一つ。
08_千頭駅。寸又峡、接岨峡への入り口

08__2終点井川駅。電車も終電終了。早いよ!

R362の細々でも走りやすい山道を駆け、接岨峡へ。
こんなトコに電車が走っているのはちょっぴり不思議。
よっぽどな山のリゾート地なのですかね。
今度はココ目的で日帰り...行けるかな。

井川駅着でもう時計は16時半。
最終電車も終わり、GW前半最終日だけあって人の気配も車の気配もほぼ無し。

道は狭いし日は落ちてきたしで不安に駆られながらもくねくね道をくねくね。
自然と焦りも生まれてしまいますが、自分を落ち着かせながら一心腐乱に人里まで走ります。
今度は余裕持って近々訪れたいものです。もっと奥まで行ってみたいし。

さて、帰りルートで迷いが。
ここから山梨方面へ抜けるには、
「井川雨畑林道」「梅ヶ島林道」「清水経由R1」
の3ルートがあるみたい。

一番近いのは「井川雨畑林道」ですが、
この時期は冬季閉鎖とマップルコメントの通行止め多し、が気になる。
「梅ヶ島林道」も同様。

林道抜けられれば近道だけど、この時間帯でしくじると暗くなって山道で泣けてしまうのでムリは禁物。
大人しく南下して遠回りルートの「清水経由R1」を選択。
急がば回れです。
(帰ってから調べたら、林道は両方とも通行止め。選択正解)

清水から由比富士宮経由で河口湖。
ホントはR246で帰ろうかと思いましたが、R246は松田から厚木の片道一車線がツライ。
東名はもちろん渋滞ですし。早く新東名を東京まで開通させてほしいもの。

ラーメン食ってまったりしてると渋滞も大分掃けたらしく、
中央道で帰還しました。

朝早く現地から出発しても、R152はやっぱり難所で1日がかり。
都内からだと日帰りはやっぱりムリそうです。
また機会見て泊まりで走りに行こうっと。


本日の走行距離:571km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R152縦断ツーリング(一日目

関越練馬IC発 - 花園IC - 高峰高原 - R152起点(小諸) - 箕輪泊

今年もやってきましたGW。
今回は日並びが悪く、3連休と4連休に分断されてしまっているので
世間は近場の国内旅行が多いそう。

ネコが家にいる自分としては、3連休だろうが10連休だろうが出掛けるのは2泊が限度。
何も考えずペットホテルに預けられるようになりたいものです。

あ、そういえば今年の年末年始は日並び良く、何もせずとも9連休になるのです。
2年前から気付いてwktkしてました。
とはいえ、去年末は年始の1/4を休んで9連休にしたんですけど、
これといって何もしなかったのはないしょのないしょ。

5時半発。
ホントは4時発目標でしたが、これでもいつもの自分とは違うのです。
01_珍しくスタート前にパチリ。もう明るい

さていつものGWは志賀草津道路を目指すのですが、今年は生憎の雪模様。寒い!
1、2月は寒くて3月暖かく、4月はまた寒いという寒暖激しい気候です。

志賀草津道路は冬季閉鎖が解除されたものの、雪の為またもや通行止め。
気を取り直してプランBの高峰高原へ向かいます。
02_吉井駅で休憩。ローカル線寄るの大好き

3連休とはいえそんなに車通りも多くなく、花園ICから下道でR254 - R18をトコトコ。
途中碓氷峠(バイパスじゃない方)を通ったのですが、こちらの道路は砂だらけで気が抜けない道です。
砂は道路と同化している分、雪や落ち葉よりタチ悪いかも。

さて、この辺りで気付きました。
何か右のカウルやタンクが濡れているな、と。

最初は雨の中走って溜まっていたのが出てきたとか、
トンネル内の雨漏りが当たったやら思いましたが、どーも色と臭いの按配が違う。
なんと。もしかしてブレーキフルードが漏れてる!?

ハンドル右上にあるフロントブレーキフルード入れからポタポタ。
あんまり構造に詳しくはないのですが、先日のブレーキパット交換が原因と思われます。
(タイヤ交換ついでに換えてもらってた)

が、別にパット交換しただけで上側は何も触ってないはず。
パットに元の厚みが加わった分、オイルが圧迫されてシールの劣化あたりから浸み出してる?

ブレーキは命に関わる箇所なので問題あったら即刻ツーリング中止!
と思ったけどフロントブレーキは普通に効いてる。
ただ段々浸み出ていることから中の圧力は徐々に低下して、徐々に効きも悪くなるのかしら。

どちらにせよ家から200km近く離れてしまったし、効きを都度チェックしてツーリングを続行することに。
応急処置で漏れてるらしき箇所に綿詰めです。

03_高峰高原着。小諸側景色

03__2ビジターセンター

03__3ビジターセンター内のレストラン。
登山の拠点だけあって朝8時から営業しています

03__4山側。雪あんまないのね

04_スキー場は営業中(5/6で終了)

さて今回ツーリングのテーマを志賀草津から切り替えて、R152を縦断することに。
このR152は長野県小諸市から静岡県浜松市まで縦断している国道です。
途中には峠がたくさんあって、一部は国道が断絶しているとな。
険しい山道なことが想像できます。
とても日帰りじゃ無理そうなので、一泊掛けて走る機会を伺っておりました。
05_r152R152スタート!

小諸市からはしばらく住宅街&市街地で早々通過。
面白くなるのはR142との分岐あたりから。車も少なく快適です。

ビーナスラインに向かう道に逸れたい気持ちを抑えつつひたすら南下。
白樺湖あたりの山でちらっと雪を見ただけで、この周辺はすっかり新緑の季節です。
昼間になって気温も上がり、ツーリングには一番いい時期を肌で感じられます。
でも寒いけどね!

諏訪市内を抜け、小さな集落をいくつも抜けながら高遠まで着。
本日のR152はここまで。
今度は逆に北上して箕輪町にある樽尾沢キャンプ場へ。
06_キャンプ場

06__2もみじ湖がすぐそばに

R152の拠点にするならどこにしようかな。
この時期だと山奥は寒そうだし、値段高いトコはヤだし。
と選んだのがこちらです。
06__3テント設営。そしてまだ15時という珍しく早立て

まぁまぁ広々サイト。この時期ならキャンプする人少ないので十分。
芝生だし静かだし水場もトイレも問題なし。
おし、ココに決定!
07_ ながたの湯。500円

07__2休憩室からの街並み。日が暮れれば雰囲気良さげ

寝床が決まったので買出しと温泉へ。
寝床が事前にココ!と決まっていれば温泉も買出しも先にしたいとこですが、
初めて泊まるトコは手探り部分があるので安牌してしまいます。
次からは大丈夫。
07__3遠くに見えるは南アルプス

09_火起こし。
焚き火兼コンロでユニフレーム社のユニセラPG-Ⅲミニを初使用(リンク先のミニ版。なぜかHPに載っていない?)。
安物買いの銭失いにならないように。
09__2焼肉。
最近キャンプの夕飯が焼肉ばっかりな気が
このコンロ、最後まで放っておくと灰があまり残らない程度まで焼き尽くしてくれるので片付け便利。
でも火の用心!

キャンプ場で一緒になったソロライダーに誘われ、結果自分含め4人と夕食を共にしながら団欒しました。
人見知りなりに会話頑張ったよ!


本日の走行距離:359km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スプロケット/チェーン、タイヤ交換してきたよ

GWに備え、ギリギリだったスプロケット/チェーンとタイヤを交換してきました。
01_スプロケ/チェーン交換前。
もうスプロケットの凸がない。
チェーンは交換するつもりだったので手入れサボリでサビサビ

02_スプロケ/チェーン交換後

スプロケットはひと目でムリっ!とわかるけど、
チェーンは全然伸びてないんだよなーなぜか。
チェーンの張りが弱すぎてスプロケだけ消耗したっぽい。
同時交換が基本ということで一緒に交換です。

03_タイヤ交換後(フロント)。交換前撮り忘れ

03__2タイヤ交換後(リア)

ちなみにコケたのはチェーン交換後、タイヤ交換前。
順番逆にしていれば防げた事故だったかも...?

最近整備でバイク屋に持ってく度に言われるのが、あちこち部品にガタがきているとな。
自分でメンテするのは比較的単純に交換できるとこだけで、
後は走ること(質じゃなくて量)ができればほったらかしな箇所が多いのです。

要整備箇所は把握しているだけで、
・フロントフォーク(オイルとかシールとか。他何か言ってたけど忘却。交換30k)
・スプリング(1度も変えず。80k)
・配線(ヘッドライトのとこが焼き焦げてる。費用不明だが30kくらい?)
・バッテリー(4年前のものなのでそろそろ換えたい。10k)
・ディスクブレーキ(ゆがんでいるらしい。パーツリスト価格30k)
・ブレーキオイル(フロント)漏れ(後日参照。パーツリスト価格10k)

他、キャブとかエンジンのオーバーホールとか考えると
もう一台ゼルたんが買える値段になりそう。
そろそろゼルたん引退を考える状態になってきたのかな...

次考えるとしたら、以前盗難騒ぎがあった際に検討したoff車。
ジェベル250、セロー、最近発売したCBF250あたりが候補です。
足つきって意味ではセロー一択なんですけどね。
でもジェベル乗りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »