« かぐらスキー場に行ってきた | トップページ | 安比高原スキー場に行ってきた(一日目 »

房総半島ツーリング

都内発 - 久里浜 - フェリー - 金谷 - 灯台 - 和田 - 養老渓谷 - 都内着

先週のリベンジとばかりに房総半島ツーリングを決行。

房総半島って都内からじゃ遠くて...
千葉方面からグルっと回ると木更津ぐらいで体力使っちゃうし。
それでも最近は高速が館山近くまで出来たし、大分楽になったようですが。
高速使う人は。

ETC持ってないのでアクアラインも割高な気分で使う気になれず、
今回は東京湾フェリーで上陸してみることに。
バイク込(250cc)で一人1,640円
船内で仮眠が取れることを考えればなかなかお得?

朝5時発。
フェリー乗り場までのルートにR1を選択しましたが、この判断は大失敗。
明け方で車は少ないのに信号が多すぎてイライラ。
もっと外回りルートを選べばよかった。
ホントは2時発で三浦半島朝市に寄ってこうと思っていたのは秘密です。
01_久里浜フェリー

01__2まだ船は来ず

01__3フェリー内から

フェリーは第二便の8:10発をチョイス。
利用客はそれなりにいるようですが、船内は広々しているので不自由なし。
にしても船内に売店あるけど売れるんだろうか。
店員のおねーさん暇そう。

仮眠を数十分取って起きると千葉は目の前。
いいねこれ。さわやかな気分でツーリング再開できます。

千葉を走る際にオーソドックスなのは海沿い一周ですが、
海沿いは館山以東で回る予定なので、そこまでは山道を行くプランで。

山梨方面の山道は凍結におびえてなかなか走る機会がないですが、
千葉ならそれなりに安心感があります。
ちょっぴり路肩に雪があったり、あちこち霜柱があるので油断は禁物ですが。
02_さっそく休憩。はちみつソフト

野島崎までは山道で、そこから東へしばらく海沿い。
の前に野島崎灯台を見物です。
03_灯台からの景色その1

03__2灯台からの景色その2

03__3朝夕でもないのに朝夕焼けチックな写り

04_灯台回りを散歩

04__2岩ごつごつ

04__3立ち入り禁止になってないので海まで近づけます

04__4再南端の印。後ろには灯台

駐車場から灯台を中心にぐるっと散歩できるので
のんびりするにはお勧め。岩肌のある海まで遊べます。

灯台を後にしてツーリング再開。
車は多いながらも信号の少なさに助けられてスイスイ。

今日の昼食は目当てのくじらの刺身。
事前に目をつけておいた「くじら家」へ。

自分が入店した時はそれほどの人出でもなかったものの、
昼過ぎからあれよあれよと人が来始め、あっという間に満席に。
運が良かったみたい。
05_くじら家

05__2メニュー

05__3鯨づくし定食。2,000円

房総半島と言ったらくじら!というかはわかりませんが、
一部地域しか獲れないし、千葉に来る機会はあまりないのでつい頼んでしまう。
にしても旨い!歯ごたえあって甘みがあって、噛めば噛むほど味がするとはこのことか。
もうちょい気軽に行ける手段があれば通いたいくらい。
次は一品モノも頼みたいものです。

適度なところで再び山道。養老渓谷を目指します。
千葉の山中で目当てにできるトコって地図上だとココしか見当たらないんだよなぁ。
飯処を除けば。
ドイツ村とかマザー牧場とかはあるけど...微妙。
07_養老渓谷駅。
足湯があります。駐車場代としてバイクは140円(電車利用者は無料)。

有料だけあってちゃんと管理されていていいかも。
残念ながら数年前に養老渓谷に訪れた際に昼食取った店は無くなっておりました。
更地に駐車場。カツ丼美味しかったのになぁ。

また、養老渓谷は自転車のツーリングスポットになっているらしく、
色々な設備が整っておりました。電車に自転車も載せられるみたい。
気軽に山道走れる拠点としてはいいのでしょうね。

足湯でまったりしたら後は帰るだけ。
帰りルートは陸路下道でひたすら千葉方面をぐるっと。
R357のすり抜けはこりごりです。

本日の走行距離:200kmくらい

|

« かぐらスキー場に行ってきた | トップページ | 安比高原スキー場に行ってきた(一日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18712/50697729

この記事へのトラックバック一覧です: 房総半島ツーリング:

« かぐらスキー場に行ってきた | トップページ | 安比高原スキー場に行ってきた(一日目 »