« 仙台ツーリング(一日目 | トップページ | 2012冬の祭典1日目 »

仙台ツーリング(二日目

仙台 - 松島 - 原町 - 二本松 - 都内着

朝9時起床。ほらやっぱり寝過ごした!
チェックインは9時半なので急いで支度しなきゃ。

と、ここで衝撃の光景が。
焚き火の跡が机にメリコンドル!!
00_ 赤線のトコ。
炭火の入れ物で机を侵食...

写真は自重します(つか撮ってないけど)が、机の上に置いといた炭火が机まで侵食したらしく、
見事に焚き火の形に木材が焦げ付きました。
火事にならなくて良かった...ホント。
寝る前に片付けはしっかりと。

管理人に事情を話し、免許書コピーと取調べを受け後で請求書を送ってもらうことに。
これは詫び状出さないと。
屋外の単なる机だからそんな値は張らないと思うが、
公共施設なのでふっかけられないか若干心配。

さらに追い討ちをかけると、ツレがあまり眠れなかったとか。
後日、当日の仙台の最低気温を調べてみると8.1℃。
森の中だからもう少し低いにしても5℃。
この分じゃ10℃くらいないとキャンプは難しいのかな。
自分はよゆーにZzz...
過去のキャンプ経験則での限界が0℃だったから、今回はどーにかなると思ったけど
ちゃんと確認しとけばよかった。二重で申し訳ないことです。

落ち込んでも仕方ないので気を取り直してツーリング再開!
時間も時間なので迷うとこでしたが、今回の主目的である松島牡蠣を食べに行く目的を達す為、さらに北上。
駅前で情報仕入れていざ牡蠣食べ放題へ。
01_ いざ松島

02_ 松島さかな市場
海辺のごく近くで津波の被害があったと思いますが見た目復旧

松島の牡蠣は今年のニュースでも記憶に新しく、
夏場の高温にやられて8割死滅、なんていう話がありましたが、
厚岸産牡蠣とかを融通してどうにか営業継続しているみたい。
食べ放題なんてことも無事できているくらいの量はある模様。
津波に高温と二年連続で大変だったと思いますが、ぜひ頑張ってもらいたいもの。02__2 焼き牡蠣食べ放題。松島さかな市場に隣接

03_ 店内の様子。50席くらい

03__2 焼いてるというよりは蒸してる

03__3 ご対面!

03__5 思ったより粒が小さいのは期待先行

03__4 食べ放題のみだと2,000円。
牡蠣ご飯と味噌汁付で2,500円

牡蠣だけで腹を膨らましたところで松島散歩。
海の上に島が点々とあるのは志摩半島を連想させます。
のんびりムードでいい感じ。
次があれば、こちら目当てでのんびり回りたいものです。
04_ 波は低く穏やか

04__2 福浦島へと架かる橋

05_ 戻ってきて一服。牡蠣バーガー。300円。グラコロですな

あっという間に13時。
ここから東京まで350kmくらい?
全部高速使ったと仮定しても休憩込みで5hはかかるでしょう...メンド。

とはいえしばらく下道を南下。
太平洋沿いの道をひたすら下ります。
06_ 天気も下り坂

市街地はところどころにコレ地震/津波の後かな...とちらほら見られるくらいでしたが、
一歩市街地へ出ると、そこにあった光景は寒々とした荒野。
そして建物があったらしき土台のみと、塩害で実らなかったとおぼしき畑。

地震/津波から1年半。
東京に住みテレビを通してでは伝わらない光景がそこにありました。
かろうじて建物が残った箇所も、1階の柱で辛うじて建っている有様。

もちろん人影なんてありま...した。
時折、ほんの時折ですが真新しい建物が。
きっとこの地で生きていくといち早く心に決めた一家が、再建目指して住んでいるみたいです。
あまりにありきたりな言葉だけど頑張って。

時折道の悪さや通行止めに邪魔されて迂回しながらも南相馬まで着。
こっからは別の足止め、原発半径数十km内で通行止め。
取りあえず行けるだけ行ってみるかとR6号を南下したものの、
やはり検問があって通れず。

にしてもこの近辺。
高台にあって津波は来ていないようで建物は無事ですが、人の住んでいる気配は皆無。
家の電気も点いてなきゃ、人っ子一人歩いてない始末。
荒野に人のいないのは当然ですが、建物あって人だけいない方が不気味度ははるか上です。

検問直前の原町中心部は不似合いなくらい華やかだったのに、数km先の無人化との落差には目を疑います。
従事している人が原町に滞在しているからなのでしょうが。

結局R6どころか近辺の県道も軒並み通行不可、大きく迂回が必要なことが判明し時間ロス。
ただでさえ時間遅いのに...まあ予想外といえば嘘になりますが。
現在の実態を実感したかったし。

常磐道経由で帰るのは諦め、r12で東北道方面二本松に出ることに。
暗くなってから狭い道の峠越えはヤダなぁ、と思いましたが
皆同じこと考えるのか車が多くて一安心。

二本松ICでツレとお別れ。
ツレは高速、自分は下道で行ける限り。R4の250km爆走です。

須賀川までは二車線で雨も弱めで順調でしたが、その辺りから一車線&雨も本格的に。
関東は大雨&雲は北上しているらしーので、雨との直接対決は避けられそうにありません。
手持ちの雨対最強装備を武器に覚悟を決め込んで南下。

一体何台トラックを抜いたかしら。
防水ジャケットの浸透圧も大部分突破され、全身びしょ濡れになりながら無事250km完走!
約5時間半を走り抜きました。平均時速...言うまい。
たまにはこーゆー経験もいいよね。やりきってテンションMAXな気分に浸ったのは変態ではないと思いたい。

本日の走行距離:553km

後日。
机の修繕費請求が来ました。
上板3枚、下板数枚交換、その他人件費諸経費(諸経費って何だよ!)諸々で130k...
高ぇ!!

100%悪いのはこちらなので泣く泣く支払いです。
復興貢献費と思い込むしかない罠。もう仙台には近寄れません。

|

« 仙台ツーリング(一日目 | トップページ | 2012冬の祭典1日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18712/48432503

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台ツーリング(二日目:

« 仙台ツーリング(一日目 | トップページ | 2012冬の祭典1日目 »