« 有峰湖ツーリング(一日目 | トップページ | ジム通い開始!(2012年第三四半期) »

有峰湖ツーリング(二日目

二日目
折立 - 立山 - 下呂 - 開田高原 - 茅野 - 勝沼IC - 都内着

朝5時起床の6時出発。
朝もやが出ているけど気持ちの良い朝。気温は16℃。
この時期の高所は涼しくて最高です。

さて早くも今日は最終日。一泊だと短い。
今日は関西方面にツーリング行ってる友人と11時に下呂で合流して帰ります。

つわけでまずは昨日できなかった立山見物。
ケーブルカーに乗ってしまうと半日潰れてしまうので
歩ける範囲でのんびり散歩。

02_ 立山駅

02__2 駅前にある龍王の水
登山人の喉を潤しているのでしょう

03_ 立山周辺

03__2 和弥滝
バイクを降りて徒歩20分ほど。水しぶきがここまで飛んできます

03__3

のんびりしてたらもう8時半。下呂まで100kmほど。待ち合わせは11時。
...間に合わなくね?
ひたすら国道49号を南下して結局12時過ぎ着。
友人はとっくに待ちぼうけ。でも風呂も入らず駅前にいたとか。
先に風呂とか入っていればよかったのに、と待たせた側にあるまじきセリフ。04_ 下呂駅前

下呂温泉といえばその名の通り温泉が有名。
三大温泉に名を連ねているとかいないとか。
こーゆーのは場所や人によって全然違うのであまり気にはしませんが、
違う意味でよく聞く名でもあります。

例によって駅前の観光案内所で情報収集し、日帰り湯と昼食場をチョイス。
温泉街も出歩いてみたかったものですが、
時間と駅前からやや離れた場所にあるみたいなので、今回は日帰り湯のみ楽しみましょう。

04__3 幸の湯。350円

外観も中も銭湯のようですが、お湯は温泉らしい。
下呂温泉は温泉全体で管理組合なるものがあって、
お湯は一元管理され、各戸へパイプで配給される仕組みらしい。
つことはどこの場所でもお湯は同じ模様。
独自色はお湯以外と。

よくよく考えたら温泉地のすぐ近くであれば、大幅に湯質が違うなんてことはないでしょうし。
そういう意味では効率的な仕組みになっているなと納得。
あれ、でも鳴子温泉は同様に配給される共同湯の他に、各戸独自の湯があった気が。
どーゆー仕組みなんでしょう?

05_ お昼は菅田庵をチョイス

05__2 飛騨牛鉄火丼とトマト丼

05__3 朴葉味噌焼き

昼飯時を外したとは言え客の少なさとパーキング無料の立地のよさも手伝って
若干いやな予感はしましたが...多くは語りません。
あと、店関係なく肉は下手に刺身風ではなく焼いてこそ美味いと痛感。

06_ 太平峠から御岳山々を望む

下呂温泉から1.5車線の県道経由で開田高原へ。
クリスタルライン道は昨日でお腹一杯なんですが、
物理的にお腹一杯となったのも相まって睡眠欲がムクムクしつつ、ペースを保って進みます。
若干意識朦朧であまりこの辺の走りを覚えていないのはここだけの秘密。
でもなぜか道中あった濁河温泉の名に惹かれたり。07_ 開田高原のソフト屋

07__2 ソフト。350円

後は日暮れとの競争で伊那、諏訪経由で都内帰還。
後は連休最終日の恒例渋滞に身を委ねましょう。

なかなか長野西の中部方面には行く時間が作れないので、
今回のツーリングは貴重で新鮮な体験でした。
こんな風に泊まりツーを増やして行きたいものです。

本日の走行距離:592km

|

« 有峰湖ツーリング(一日目 | トップページ | ジム通い開始!(2012年第三四半期) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18712/47541827

この記事へのトラックバック一覧です: 有峰湖ツーリング(二日目:

« 有峰湖ツーリング(一日目 | トップページ | ジム通い開始!(2012年第三四半期) »