« PMS(プロジェクトマネジメント・スペシャリスト)受けてきた | トップページ | ハードコンタクトを買いに »

ツーリングマップル買い替え(関東版

初めてバイクと同時に買ったツーリングマップル。
もう十数年前、1999年のことです。

家でマップル見ながらニヤニヤするもよし、旅先で現在地や行き先を確認するもよしと、
買い替えもせずに重宝していましたが、ついに限界を迎えてしまったようです。00__ 表紙の先にある広域図が取れる

地図が古い分には旅先でこんな道ができてる!あんな施設ができてる!
と、思わぬ発見があって全く不便はないのですが、
行き先を見極める広域図が見れなくなるのは苦しい。

テープで貼ったりもしましたが、ここでリング式の欠点(と言ったら失礼)が。
リングが邪魔で上手いこと結合できないのです。

また、最近のマップルは広域図がなかったらしいのですが、
何と今年から広域図が復活したらしいことを聞き、ついに決断。00_ 2012年度版購入。1,680円

01__ 新旧比較 広域図
右が2012年度版、左が1999年度版

01___3 新旧比較 詳細図

新しいのをパラパラめくっている日々ですが、
いくつか違いをあげてみましょう。

・縮尺 旧は1:120,000、新は1:140,000
 新の方が大きくなってます。
 数字だけだとそんな変わらない気がしますが、実際地図見たり走ってみたりすると
 その違いが実感できそう。まだコレだけしか進んでないの?とか

・地図網羅範囲
 縮尺が大きいのに本編ページ数が増えているので、その分記載範囲が増えています。
 西側が半ページくらい、北側にいたっては2、3ページも。
 具体的に書くと福島県が旧ではほぼ無し、新では8割ほど網羅されている。

・コメント
 一番感じた違いはこれ。色々なコメントが沢山記載されています。
 食のコメントが圧倒的に多いのが気になったり。ライダーは食いしん坊じゃない!
 通常、情報が多いのはうれしいことではありますが、
 縮尺大きい+情報多い=地図見づらい、という公式も成り立ったり。

 旧の記載量に慣れた身としては、新で見るには違和感バリバリ。
 家で見る分には楽しいけど、旅先で見るときにどうかな...?
 走りながら地図見る派なので(よ、よそ見じゃないよ!)、
 素早く地図上の現在地と先の道を判別できるか若干不安。
 ま、GWに肩慣らしして慣れちゃいましょう。

何はともあれ、また十数年(?)よろしくです新マップル。
そして今までありがとう旧マップル。
捨てずに新旧違いを見比べたりでまだまだ使わせてもらいますよ。

|

« PMS(プロジェクトマネジメント・スペシャリスト)受けてきた | トップページ | ハードコンタクトを買いに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18712/44898141

この記事へのトラックバック一覧です: ツーリングマップル買い替え(関東版:

« PMS(プロジェクトマネジメント・スペシャリスト)受けてきた | トップページ | ハードコンタクトを買いに »