« ハードコンタクトを買いに | トップページ | 信州会津ツーリング(一日目 »

志賀草津道路冬季閉鎖解除ツーリング

関越道 高崎 - 草津 - 志賀 -  菅平 - 小諸 - 秩父 - 都内帰宅

4月は三寒四温ですっかり冬の気配が遠ざかり、
各地の山に安心してツーリングへいける季節。

中でも志賀草津道路はほぼ毎年GWに訪れるスポットではありますが、
今回はたまたま仕事休みと冬季閉鎖解除日が重なったので行ってみることに。

仕事も定時に切り上げてばっちり4時起き。
5時前に出発。ふつーの平日早朝にバイク走らせるのは何とも言えない感覚です。01_ 浅間山(多分)は雪景色

01__2 野反湖への道はまだ閉鎖中

02_ 草津湯畑

02__2 開通時間まで時間つぶし

02__3 平日朝は観光客もまばら

02__4 足湯でまったり

03_ 儀式中

開通時間10分前くらいに行くと、何と儀式らしきものと来賓者が50名少々やっていた。
初めて開通に立ち会ったけど、毎年こんなものやってたのね。
儀式の最中にバイク音響かせてゴメンなさい。03__2 プログラム。結構大掛かり

03__3 最後に除雪式

03__4 バイクには怖い路面

03__5 開通待ちで式みたりフラフラしたり

午前10時過ぎ、いよいよ開通!
順番待ちの車が続々通っていきます。その数100台以上かな。
先着何十名かには記念品っぽいものを配っておりました。
その所為で車列が遅々として進まない罠。04_ 草津側のてっぺん付近

04__2 雪の壁。雪が多い年と聞いてたからか期待より低め感

05_ 志賀側景色

個人的に東京圏内での日帰りできる雪景色ベスト3があります。
野反湖、田子倉、そして志賀草津です。
野反湖がまだ開通してなくて残念。田子倉はGW中に行く予定。

日帰りではないとこだと立山とか東北地方のまだ見ぬ景色に出会いたい。
この時期は昼なら道路凍結の心配も少ないし、あちこち雪景色あるしで
まさに絶好のツーリング季節。花粉と砂埃が無ければ言うことはないのです。05__2 若干雲

05__3 気温は1桁後半

05__4 バイクもそこそこ見かけました

05__5 ラスト!

06_ 昼。天そば大盛850円

志賀まで行くプランは大体立ち寄る場所が固定化されているので、
自然と道程も似たり寄ったりの道筋を選択。
どれも楽しい道だからいいっちゃいいのですが、そのうち飽きたりしないか一抹の不安も。

都内から草津越えて志賀まで行くと、それだけで距離300km近く。
こっから戻ると往復500km以上。
高速をあんま使わないので、下道だと疲労も時間もそれなりですので、
あんま大胆な立ち寄りが出来ないのが悩みの種。
宿泊増やしてもっと楽しい道を開拓したいものです。07_ こちらもお馴染み。
アトリエ・ド・フロマージュ

07__2 チーズソフト 320円
ここでソフトとワインとチーズを買うのが恒例

こっから帰宅の道筋はR254かR299かR141&R20かR141&クリスタルラインの大体4択。
今回は一番都内へ直線的なR299で帰宅です。
いっつも秩父で晩飯を食べようと目論むのですが、
大体よさげな店がないor目付けといた店が見つからないので断念しっぱなし。
そして今回も、敢え無くコンビニのコーヒー缶が友達でした_| ̄|○
秩父の秘境っぷりは異常。
08_ 両神温泉 薬師の湯 600円
温泉施設自体は大したものではないが、そのせいか人少なめ&休憩室大きめで仮眠はばっちり

青梅あたりでにわか雨に当たりつつ22時帰宅。遠いわ。
今回初めて新ツーリングマップルを使いましたが、
勝手知ったる道ばっかりのせいか距離感で違和感はなしでした。
真価はGWにて。

今回の走行距離:570km

|

« ハードコンタクトを買いに | トップページ | 信州会津ツーリング(一日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18712/45057270

この記事へのトラックバック一覧です: 志賀草津道路冬季閉鎖解除ツーリング:

« ハードコンタクトを買いに | トップページ | 信州会津ツーリング(一日目 »