« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

戸隠スキー場

年一、ニ回のスキーorスノボ旅行。
前回は深夜バスでの北志賀竜王でしたが、
今回は趣向を変えて新幹線でのスキー旅行です。
バスは疲労でコリゴリ、車は少人数のレンタカーだと割高、新幹線だとどうでしょう?

朝4時起床の6時過ぎ東京発の長野新幹線に乗車。
最初は前日夜泊プランを色々探してみましたが、東京近郊だと価格的にあまりメリットを感じず断念。
次に、新幹線の乗車有効日が100km超だと、距離に応じて複数日利用可能なことを利用し、
日帰りスキープランと宿を別々に取ることを計画したものの、
プランの場合は新幹線が日帰り当日のみしか使えないと言われまたも断念。
なかなか上手くはいかないものです。

つわけで素直に日帰り新幹線プランと相成りました。01_ 新幹線到着

01__2 座席

新幹線乗るのは高校の修学旅行以来なので何と十数年ぶり。
あ、違った。去年10月に姫路行った時に使ったわ。
すっかりブログに乗せ損ねたなぁ。半年後に載せようか。
十数年乗ってなかったのに、ココ半年で2回も乗るとは縁とは不思議なものです。02__2 駅弁。深川めし。900円

02__4 ご飯が見えないくらい具材が...ない

8時過ぎに長野駅着。
雪がちらほら残るものの気持ちのよい天気です。
さらにここから路線バスで70分...着いた!
03_ 適度な雲になかなかのゲレンデコンディション

03__2 晴れ間もしっかり

3月に入ると春の気配が感じられるようになり、ゲレンデ状態も不安定になりますが、
幸い自分が行った時は前日までの数日間が寒くて雪も降ったらしいので、
ゲレンデコンディションもばっちり&平日で人居なさ過ぎ。
逆にスキー場経営が不安になります。
03__4 冬は空気が澄んで遠くまで

03__5 綺麗な雪山

03__6 同じような景色なのは写真家の腕のせい

03__7 時折怪しめな雲

戸隠は規模としては中くらいの大きさ&コース数な気がしますが、
車や電車からのアクセスがそこまでよろしくないせいか穴場的な雰囲気。
戸隠といえば蕎麦が有名と思いますが、スキー場はそんなでもないみたい。
でも標高は高めで雪質いいし、リフトも豊富にあるのでお勧めです。
レンタル屋の人も感じ良かったしね(そこかい
04_ お昼はカツ丼。1,100円。ゲレンデ価格

05__2 昼食後に外へ出るとこんな天気に。
山の天気は何とやら

あんまり体力があるわけではないので、一通り滑りきった15時ごろでオシマイ。
一緒の連れは不満そうだけど...ごめんなさい。割と頭痛と足首が限界なの。
自分のペースに合わせて待っててくれるのが忍びないけど、
そーゆーのは他の上手い人と一緒に行ったときにシテもらいましょう。06_ 温泉へ続く道

路線バスに飛び乗って戸隠の街中へ。
スキー場近くの温泉で暖まりましょう。
電車だとこーゆー時間に縛られるのはやはりデメリット。
でも強制的に地元を散策できるのはメリット。
晴れた日ならこーゆーのが情緒あっていいな、とバス停から温泉までのんびり歩きます。06__2 神告げ温泉。600円

06__3 誰も居なかったので中の様子も。
湯はとってもいいのですが、洗い場の湯の出が悪かったり露天がなかったりと設備が残念

温泉の帰り道で目を付けておいた蕎麦屋に立ち寄る予定でしたが、何と売り切れにより閉店。
つか後で調べてみたら16時までしかやってない模様。評判よかったみたいなんで至極残念。
冬シーズン以外は非常に混みそうだ。GWに行けるかな。

気を取り直して別の蕎麦屋を探すも軒並みやってない...
戸隠は蕎麦の町じゃなかったのか?平日だから?
そうこうしているうちに路線バスの時間が来てしまったので蕎麦は諦めることに。
路線バスから窓を眺めていると開いている蕎麦屋が!でも降りられない...
まさに電車のデメリットを体感した瞬間でした_| ̄|○07_ 夕食は長野駅近くのぼっちという店で

07__2 美味しいけど何か物足りない(味的な意味で

長野駅から新幹線乗って、21時過ぎに東京駅着。
JRスキーパック(新幹線往復+路線バス往復+リスト券付)で12,900円の旅行でした。

新幹線の旅は快適。駅弁食べてまったりしているとあっという間に着いちゃいます。
逆に路線バスはやはり苦痛。今回は70分だったので長いこと長いこと。
寝るにも窮屈ですし首が痛みます。
車とどっちがいいかは迷うとこですが、路線バスがなければ新幹線の方がいいかなぁ。
ま、車の運転は連れ任せなんですが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豆腐フェアなるものに行ってみた

友人に誘われて、ビックサイトで開催された豆腐フェアなるものに行ってみました。

01_ ビックサイト目の前に看板

何のこっちゃとHPを覗いてみると、まんま豆腐の展覧会(?)みたいなものらしい。
個人的に豆腐は好きだし、各所の美味しい豆腐が見つけられるなら良さ気と思い行ってみることに。

生憎の雨模様の為、バイクじゃなくて電車で移動。りんかい線高すぎ。
ビックサイトにまともに入場するのは年二回のお祭り以外だとニ、三年ぶりな気が。
言いだしっぺの友人が寝坊で遅刻したので、先に入るか迷った末に喫茶店で待ちぼうけ。
電車での暇つぶしグッズが役に立ちました。01__2 入口。意外と人いる?

こういう催しモノは百貨店の催事くらいしかイメージなかったので、
知名度的に謎な上、足元が悪い中どの位の来場があるのかイマイチ想像できませんでしたが、
来て見ればあら不思議、意外と来場者数多めの印象。
みんな何かしらの豆腐目当てと思うと自然に頬が緩みます。

入ってみると各所の豆腐関連の催しがよりどりみどり。
腹が減っては何とやらと適当に試食品やら購入してやらで食べまくり。03_ 会場の様子。休憩コーナー

03__2 豆腐大使なるものがPR中

02_ しば漬け豆腐。しば漬けが添え物にしか見えないが...?

02__2 豆腐ソフト

02__3 厚揚げ豆腐たこ焼き風味&豆腐プリン

02__4 豆腐ドーナツ

02__5 なぜかワインも(豆腐は入ってない)

02__6 豆腐餃子

03__3 ドーナツ製造機

豆腐そのものだけでなく、豆腐関連の食品が沢山ありました。
各メーカーが工夫を凝らして色々なアイデアを出しているみたい。
中にはコレはどうなの...?というのもありましたが。ご愛嬌。

会場入って左手が上記の食品中心の催事。
変わって右手は豆腐関連メーカーの仕器展覧会です。
一通り回りましたが商談らしきしている人もちらほら、よくわからん機械が沢山で、
豆腐業界も機械化が進んでいるんだなーと素人眼に映ります。

さて今日の大目的は美味しい豆腐を探すこと。
このフェアにはうってつけのイベントがありました。04_ 豆腐を祭る...じゃなく後ろの人手に注目

全国各所の豆腐100品が500円で食べ放題というイベント!
一時間弱並んで自分の出番がきましたよ、と。

食べ放題といいつつ好き勝手ではなく、皆規則正しく並んで順番に食べていく...という方式。
なので一回食べたトコを戻って食べるのはマナー違反(?)。
まあルールとか記載があるわけではなかったですが雰囲気的にね。行儀良く。
ですので出会いは一期一会!サクサク進みつつお好みを見つけます。

そんな訳でメモする暇なかったので気になったモノは写真でパシリ。
が、画像が悪くて後で判別しづらいものも...05_ 沖縄の...読めない_| ̄|○

05__2 熊本 石臼寄せ おぼろ豆腐

05__3 大阪 かごどうふ

05__4 京都 京西陣頑固爺のにがり

05__5 富山 横綱

05__6 埼玉 霜里きぬ豆腐

全般的に絹より木綿の方が好きなのが多かった。
歯ごたえが多少なりともあるほうがいいのでしょうね。
上手い具合に好みの作成地が各所に散らばったので、
ぜひツーリングがてらの目的にしたいものです。
日帰りだと埼玉しかないけど。

にしても豆腐100種の食べ放題は、一個一個は欠片でも、
100コ集まれば腹が膨れてパンパンです。ご飯代わりには十分すぎる量。
中々面白いイベントでしたのでまた来年も検討しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »