« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011冬の祭典3日目

2011年冬の祭典コミケ3日目。

前回の様子はこちら

Photo 今日もいい天気

今日は睡眠調整に失敗して9時起床。
またやっちまった...今から行っても入場待機列に並ぶだろうし、
入場待ちがなくなるまで待って残りに賭けよう。
アレとコレは諦めれば他はどうにかなるか...?と回るサークルを検討。

...という夢を見ました_| ̄|○
これがコミケ病ですか。

Photo_2 戦利品その1

Photo_3 戦利品その2

Photo_4 戦利品その3

Photo_5 戦利品その4

昨日よりちょっぴり早く6時頃到着。
昨日も今日もホントは4時半目標なのですが、布団の魔力には中々勝てないのです。

今回は予想通り「僕は友達が少ない」の星奈が猛威を振るっておりました。
逆にもう一人のメインヒロインであるはずの夜空はほぼ見かけず。
なぜここまで差がついた。

個人的秋アニメNo.1アニメのgdgd妖精sの薄い本もいくつかゲト。
こんな短い期間に作成してくれた作者の方々にマジ感謝です。

今回は2日目、3日目共に若干人混みが緩和された感。
会場のキャパは変わってないはずなので人数減ったのかな。
目当てサークルはほぼ買えた&新規でも比較的周れたので今回はばっちり。

夏冬共に今年も祭をエンジョイ出来ました。スタッフには感謝感激雨あられなのです。
でも終わった後のダメージがいつもよりヒドイ。
何でも歳のせいにするお年頃。

ではよいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011冬の祭典2日目

2011年冬の祭典コミケ2日目。

前回の様子はこちら
今回のコミケも無事晴天の下開催。
生憎1日目は仕事納めなので不参加。
まあ初日は目当ジャンルはなのですが、企業ブースはちょっと覗いて見たかったかも。

ちょっぴり寝坊の6時半着。
海辺のせいかビル風が強くてガクブルです。Photo 夜明け間近のビックサイト

Photo_2 戦利品

2日目目当ては東方。
今回のボカロ配置は3日目なのでこれだけ。
つか東方は皆レベル高いからあんまり回り過ぎると際限なく買っちゃうので自重。
うれしい悲鳴なんですけどね。

2日目は東方、TIGER&BUNNY、ヘタリアの三竦み。
TIGER&BUNNYは随分と女性に人気らしく、参加者のあちらこちらに女性陣が目につきました。
こんな寒い中スカート&素足で参加した方に敬礼。
でもさぶいぼも目立ってましたよお嬢さん方。

帰った後中途半端に寝てしまったので中途半端な更新に。
3日目心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇奈月ツーリング(ニ日目

二日目:宇奈月 - トロッコ往復 - 神岡 - 穂高 - 松本 - 甲府 - 中央道帰宅

朝。
テントを片付けなくてもいいとは楽ですが、
目覚めの瞬間から外の空気が感じられないのは若干物足りない、
と二律相反な寝起き。
でも室内特有の安心感もいいものです。現代人ですから。01_夜に雨が降った模様

01__2黒部峡谷の宇奈月駅

01__4 トロッコ種類。発車時間による種類がいくつか

01__5 トロッコご対面

01__6 カテゴリは普通列車ですが、ふつーの列車とは訳が違います

宇奈月に来た目的でもあるトロッコ乗車。
始発の7時半に乗車しましたが、見ての通りガラガラです。
まあ紅葉前だし平日だしこんなものですよね。
混雑具合を懸念していましたが、予想通りの空き具合で一安心。

02_ トロッコからの風景をお楽しみ下さい

02__2

02__3

02__4

02__5 時折晴れ間も。このまま晴れて!

02__7

02__8

03_ 鐘釣駅着

黒部峡谷鉄道の沿線には駅がいくつかありますが、半分以上は工事関係者専用の為、
一般客が乗降できるのは「黒薙」「鐘釣」「欅平」の3駅のみ。

トロッコに揺られること約1時間。
今回は3つのうち真ん中の「鐘釣」駅で下車。他の少ない観光客は誰も降りず。

04_ 万年雪展望台。
年中溶けない雪があるから

04__2 これが噂の万年雪!
...あれ?
今年は溶けてしまったらしい。

03__2 川の横に温泉が湧き出ています

03__3 急階段を下りた先にも

03__4 露天の横にはのどかな風景

03__5 申し訳程度の着替え小屋

駅から歩いて15分ほどの終点には川沿いから温泉が湧き出ています。
乗降客も居なかったし、道中も人気はなかった(監視員みたいな人は居た)ということは、
真っ裸で入浴しても問題ないですよね?

温泉で一服して来た道&トロッコで揺られ再び宇奈月へ。
初めてトロッコに乗りましたが適度な速度で巡航し、
クルクル変わる風景はバイクとはまた違ってよいものです。
自転車で巡る旅行みたいなものですかね。

残念ながら天気予報通りですっかり雨模様に。
防水ジャケット上下にレインブーツカバーまで装着し防寒防水はばっちり。
もう昼前ですしひたすら南下しますよ。

05_ どこぞの休憩所で昼食。白海老そば。700円くらい

帰りルートは岐阜方面からのアプローチ。
ホントは立山方面の有峰林道経由ルートを通りたかったのですが雨の為自重。
またの機会にしましょう。

南下するほど雨が止む天気予報を信じてR41を爆走。
予報は当たってR471との分岐ではすっかり止みました。ヨカタ。
帰りの温泉締めは新穂高温泉に立ち寄ることに。

06_ ひがくの湯。700円

06__2 露天のみ。洗い場も外なので冬は寒そう...

夏に訪れた平湯や安房峠(トンネル)を経由して今度は一路東の松本へ。
このあたりで体力の限界が訪れたので、連れと別れてノンビリ下道で休み休み帰宅へ。07_ 麺とび六方

07__2 野菜盛ラーメン。750円
野菜盛=もやしはどこのラーメン屋でも共通なのですかね

走行距離:450kmくらい?(チェキし忘れた

そいえば。
コンビニの駐車場にてバイクの上で仮眠していたら突如バランスを崩し...
違う!後ろから押されてる!?

何とトラックが後方不注意でバックしてきてバイクを押していやがった。
踏ん張る間もなく倒れた後もトラックはバックを続け、自分は慌ててルートから退避。
バイクは到底逃がせる訳もなかったですが運転手が気づいたのかギリギリストップ。
破損箇所のブレーキレバーとウインカー代の実費を請求しましたが、慰謝料ももらっときゃよかった。失敗。
駐車場でも油断は禁物!と肝に免じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇奈月ツーリング(一日目

一日目:中央道須玉 - ビーナスライン - 大町 - 糸魚川 - 宇奈月

もう一ヶ月も前になりますが、宇奈月へ一泊二日ツーリングに行ってきました。
こまめにブログ書く決意はこれで何度目か。
そうだ、会社で書こう。そんな暇はない...

宇奈月は富山県の東側。
黒部ダムとか立山の近くと言った方がピンとくるでしょうか。
トロッコ電車が有名なとこでもあります。

中央道須玉ICで8時待ち合わせ(ホントは談合坂7時)。
何と平日&二人旅という社会人にあるまじき(?)まさかの日程。
平日だと道空いているからいいよね!でもダンプ多そう。

01_

ビーナス道中。あいにく天気は下り坂予報

01__2 霧の駅で五平餅。何だこれ生餅?

02_

昼ご飯。昭和軒。有名らしー

02__2

ソースかつ丼。990円。美味!

本日の天気は午後にかけて下り坂予報、そして珍しく宿を予約した為か、
何だか道中無意識に時間に追われた感じでいつもよりハイペース。
もちろん普段のツーリングも目的地と道中大体の到着時刻を予想して走っている訳なので、
なんら変わらないはずなのですが...何でしょうね。まだまだ未熟ということでしょう。

02__3 信濃大町駅

03_ 日本海~♪

長野から日本海方面に行く場合のメインルートとしては、
大体R18かR145になるわけですが、白馬より上のR145はトンネルばっかで大分苦痛。
R18は妙高より上は一面の地平線で好きだけど妙高下は混雑しやすくて苦痛。
世の中上手くいかないものです。

04_ んなこんなで本日の宿着。フィール宇奈月

今回バイクの配線の調子が悪くて、ヘッドライトが点かない病に悩まされていたのですが、
どーにか暗くなる前に宿へ着くことができました。
ハイペースだったのはこれも理由なんですけどね。

富山とかだとどーしても一度日本海を出てから
ぐるっと3,000m級の山を迂回しなきゃならないので、都内発の日帰りでは手が出ないとこ。
一泊するだけでも行動範囲が何倍に広がって楽しい訳です。

04__2 宿部屋の中から。
のどかな山の中の温泉街って感じ。

部屋の中の写真を撮り忘れた。
確か8畳一間の食事なしで5,690円だったかな。
平日割を期待したけど宇奈月の宿はそういった制度をあまり積極的に取り入れていないっぽい。
客の立場からすると残念。

05_ 温泉街散策。駅前に温泉の噴水

05__2 宇奈月街入り口。
平日の紅葉時期前だとあまり人は居ない...

温泉街をふらつきましたが人の気配はあまりせず。
平日ということもあるでしょうし、他の宿は二食付きがほとんどで、
自分らが泊まった宿だけ食事なしだったこともあるのでしょう。
まあその分無料の足湯はのんびり浸かれました。

06__3 その為晩御飯は宿外で。店の名前忘れた

06__4 まあよくある居酒屋。
でもこれ含めると他宿で二食付きと値段そんなに変わらないんじゃ...?と気づく。

宿に戻ってなぜか将棋(フロントで無料貸出)しながら駄弁り。
キャンプとは一味違った過ごし方もたまにはいいものです。

走行距離:450kmくらい?(チェキし忘れた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »