« 秩父プチツーリング | トップページ | 四国ツーリングの検討(後編 »

四国ツーリングの検討(前編

夏期休暇の何泊かツーリング、どこ行こうかな...

去年は東北、その前の何回かは北海道、というように夏場は北へ北へと逃げ込んでいましたが、
今回はまだ未開の地四国へと足を向けてみることに。
どこに行きたい、と行程を検討する前にまずは上陸方法を考えてみましょう。

---------------------------------------
まずは情報収集。
敵を知り、己を知れば~的な格言を見習ってアクセス方法の調査です。

四国は島。
ですが北海道とは違い本州と道路が繋がっているので全て陸路で行くことも可能です。
今なら1,000円高速もあり人によっては十分選択肢に入るのでしょう。
が、私個人的には致命的。ETCがないのです。

ETC無くとも1,000円高速に期待していましたがその法案も廃案濃厚(既に廃案?)。
まあ、その無料化分は誰が出すの?ということを考えると、全くもって不健全な感じがします。
かねてより有料継続に賛成ではありましたが、ETC有無の区別は無くして欲しかったり。
ええ、持っていない人のやっかみです。

それはともかく幾つかのメリットデメリットの検討を(from 首都圏)。

●陸路(高速)
メ  リ ッ ト :最安。バイクと共に上陸可
デメリット  :疲労
値   段  :17,800円(高速13,800円+ガソリン4,000円(仮))
オーソドックスな上陸方法。ETC1,000円使えば5,000円?
東京 - 鳴門で距離625km。単調になりがち&眠気が不安。
浦和 - 青森の700kmと比べれば若干マシだし達成感もあるので1回は経験してみたい。

●フェリー(東京 - 徳島)
メ  リ ッ ト :まったり。バイクと共に上陸可
デメリット  :運航スケジュールが微妙。時間がかかる
値   段  :20,230円(2等寝台11,780円+バイク400cc8,450円)
東京⇒徳島の運航スケジュール:19:00発 翌13:10着
徳島⇒東京の運航スケジュール:11:30発 翌05:30着
北海道行きでは新潟小樽便が航路/運航スケジュール共に
ばっちりだったので愛用していたフェリーですが、四国行きはちと微妙。
もうちょい高速のフェリーが設定されないものでしょうか。

●陸送(東京 - 高松)
メ  リ ッ ト :まったり。バイクと本人分離可
デメリット  :陸送会社によっては運送場所まで預入/引取要。荷物括り付け状態では基本不可
値   段 :15,330円(株式会社BAS、400cc)
陸送は使ったことないのですが会社によって料金まちまち。
バイクの扱いも異なるんでしょうね。
上記会社では雨が降れば晒しっ放し、括り付け荷物は不可なので別配送が必要。

●飛行機(東京 - 高松)
メ  リ ッ ト :まったり。バイクと本人分離可
デメリット  :早割等利用しないと高い(≒早期予約が必要)
値   段  :31,800円(JAL/普通席休日、早割11,100円)
陸送だと本人別なので本人の移動方法も検討しないといけません。
飛行機は搭乗時期によって値段がコロコロ変わったり
台風ですぐ欠航したりと割とリスキーな予感。

●寝台列車(東京 - 高松 寝台特急サンライズ瀬戸)
メ  リ ッ ト:まったり。バイクと本人分離可
デメリット  :要前日出発
値   段 :20,460円
東京発22:00 翌07:27高松着。
電車の旅はなんとなくあこがれます。
デメリットらしいデメリットもないので意外と検討価値ありか。

●番外編その1)ペットホテル(ネコ)
値   段  :5,000円/一泊/匹
ウチには2匹のネコがおりまして、部屋飼いしておりますが
これまで二泊三日より長期のお留守番をさせた事がありませぬ。
まだ何泊するか決めてはいませんが、如何によってはペットホテルに預けなくては。
夏場の閉め切った部屋は過酷ですよね...

●番外編その2)四国情報
一周約1,000km
面積約19,000km2
人口約400万
一周1,000kmなら経験上約5日ほどあれば
そこそこ充実した(寄り道できる)ツーリングが出来そうな気がします。
---------------------------------------

大体の情報が出揃った気がしますので、次に具体的上陸方法の検討へ。
後編へ続く。

|

« 秩父プチツーリング | トップページ | 四国ツーリングの検討(後編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18712/35384792

この記事へのトラックバック一覧です: 四国ツーリングの検討(前編:

« 秩父プチツーリング | トップページ | 四国ツーリングの検討(後編 »