« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

夏は靴をブラブラと行儀が悪くなる

某ユニ●にて靴下を3足ほど購入。
そして1ヶ月後には全ての靴下の親指のとこに穴が..._| ̄|○

ある意味靴下に穴というのは宿命だと思っていますが、
にしてもたった1ヶ月で発生してしまうとは。
同じ靴下は大体週一ペースで使用していたので正味寿命が4,5回なのです。

以前に同店で買った時は半年くらいもった気がしたけど。
生産地は中国かバングラディッシュが多目らしーので、
以前はバングラ、今回は中国だったのかしら。
さすがに購入時のタグは保存していないので不明。

最近中国が賃金上げろと暴動起こしているからなー。
そのくせこの仕事振り。もうアホかと。
と、イメージのみのあてつけ。
次は靴下別のトコで買ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

80,000km!

80000km夜なので見づらい

ってネタをやろうと思って以前70,000km達成のブログを探してみたところ、そもそも記載しておらず。
てっきり1万ごとにやっていたと思いましたが...気のせいでした。

てな訳でうちのゼルたんが走行距離80,000kmを達成しました。
いよいよ夢の100,000kmが見えてきたかしら?

過去のバイク記録(整備記録や月間走行距離の日誌)を確認してみると、
70,000km達成は2008年09月中だったようです。
約1年9ヶ月ぶりの更新。盗難騒ぎ期間もあったから実質1年ちょい。

カウルも割れてあちこちサビだらけ、
最近はオーバーヒート気味な現象もありで相当いっぱいいっぱいな感じですが、
もうちょい大事に頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国ツーリングの検討(後編

前回の続き。
具体的にどの組み合わせで四国にアクセスするかしら。

ポイントとしては以下かなー。
・費用
・上陸時の疲労
・時間(到着&それにかかる時間)

費用と疲労は言わずもがな、何となくわかりますよね?
安いに越したことはなし、上陸前に疲れていたら楽しめないし病魔が襲う。

問題は時間。
いくら早くても夕方着ではすぐお泊り、
時間がかかればその分待ちぼうけ、と絶妙な時間設定が必要なのです。

------------------------------------
そんな点を考慮に入れつつ、いくつかのパターンをチョイス。

●1.最安を目指しつつ帰りはゆとり
行き:陸路(高速)
帰り:フェリー
行程:5泊7日
         0日目 夕方出発
         1日目 朝兵庫
         1~5日目 四国周遊
         5日目 昼フェリー
         6日目 朝東京着
費用:108,030円(陸路+フェリー+ネコ7日)
滞在日数:4.25日

●2.とにかく現地滞在
行き:陸送+飛行機
帰り:陸送+寝台列車
行程:5泊6日
         1日目 朝出発/現地着、昼バイク受取
         1~5日目 四国周遊
         5日目 夜バイク預入/寝台列車乗車
         6日目 朝東京着
費用:132,160円(陸送往復+飛行機(早割)+寝台列車+ネコ7日)
滞在日数:5日

●3.移動は優雅に、現地は忙しなく
行き:フェリー
帰り:陸送+飛行機
行程:2泊4日
         0日目 夜出発
         1日目 昼着
         1~3日目 四国周遊
         3日目 夜バイク預入/飛行機着
費用:46,660円(フェリー+陸送+飛行機)
滞在日数:2.5日

●4.ネコ愛誤
行き:陸路(高速)
途中:飛行機往復
帰り:陸送+寝台列車
行程:2泊4日+3泊4日
         0日目 夕方出発
         1日目 朝兵庫
         1~3日目 四国周遊
         3日目 夜飛行機帰宅
         4日目 朝飛行機現地着
         4~6日目 四国周遊
         6日目 夜バイク預入/寝台列車乗車
         7日目 朝東京着
費用:75,890円(陸路+飛行機往復(早割)+陸送+寝台列車)
滞在日数:6日
------------------------------------
色々とパターンはありますが、とりあえず4パターン上げてみました。
...ネコ邪魔だな。

さてじっくり検討です。
...わかってる、全ては自分自身の覚悟次第だって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国ツーリングの検討(前編

夏期休暇の何泊かツーリング、どこ行こうかな...

去年は東北、その前の何回かは北海道、というように夏場は北へ北へと逃げ込んでいましたが、
今回はまだ未開の地四国へと足を向けてみることに。
どこに行きたい、と行程を検討する前にまずは上陸方法を考えてみましょう。

---------------------------------------
まずは情報収集。
敵を知り、己を知れば~的な格言を見習ってアクセス方法の調査です。

四国は島。
ですが北海道とは違い本州と道路が繋がっているので全て陸路で行くことも可能です。
今なら1,000円高速もあり人によっては十分選択肢に入るのでしょう。
が、私個人的には致命的。ETCがないのです。

ETC無くとも1,000円高速に期待していましたがその法案も廃案濃厚(既に廃案?)。
まあ、その無料化分は誰が出すの?ということを考えると、全くもって不健全な感じがします。
かねてより有料継続に賛成ではありましたが、ETC有無の区別は無くして欲しかったり。
ええ、持っていない人のやっかみです。

それはともかく幾つかのメリットデメリットの検討を(from 首都圏)。

●陸路(高速)
メ  リ ッ ト :最安。バイクと共に上陸可
デメリット  :疲労
値   段  :17,800円(高速13,800円+ガソリン4,000円(仮))
オーソドックスな上陸方法。ETC1,000円使えば5,000円?
東京 - 鳴門で距離625km。単調になりがち&眠気が不安。
浦和 - 青森の700kmと比べれば若干マシだし達成感もあるので1回は経験してみたい。

●フェリー(東京 - 徳島)
メ  リ ッ ト :まったり。バイクと共に上陸可
デメリット  :運航スケジュールが微妙。時間がかかる
値   段  :20,230円(2等寝台11,780円+バイク400cc8,450円)
東京⇒徳島の運航スケジュール:19:00発 翌13:10着
徳島⇒東京の運航スケジュール:11:30発 翌05:30着
北海道行きでは新潟小樽便が航路/運航スケジュール共に
ばっちりだったので愛用していたフェリーですが、四国行きはちと微妙。
もうちょい高速のフェリーが設定されないものでしょうか。

●陸送(東京 - 高松)
メ  リ ッ ト :まったり。バイクと本人分離可
デメリット  :陸送会社によっては運送場所まで預入/引取要。荷物括り付け状態では基本不可
値   段 :15,330円(株式会社BAS、400cc)
陸送は使ったことないのですが会社によって料金まちまち。
バイクの扱いも異なるんでしょうね。
上記会社では雨が降れば晒しっ放し、括り付け荷物は不可なので別配送が必要。

●飛行機(東京 - 高松)
メ  リ ッ ト :まったり。バイクと本人分離可
デメリット  :早割等利用しないと高い(≒早期予約が必要)
値   段  :31,800円(JAL/普通席休日、早割11,100円)
陸送だと本人別なので本人の移動方法も検討しないといけません。
飛行機は搭乗時期によって値段がコロコロ変わったり
台風ですぐ欠航したりと割とリスキーな予感。

●寝台列車(東京 - 高松 寝台特急サンライズ瀬戸)
メ  リ ッ ト:まったり。バイクと本人分離可
デメリット  :要前日出発
値   段 :20,460円
東京発22:00 翌07:27高松着。
電車の旅はなんとなくあこがれます。
デメリットらしいデメリットもないので意外と検討価値ありか。

●番外編その1)ペットホテル(ネコ)
値   段  :5,000円/一泊/匹
ウチには2匹のネコがおりまして、部屋飼いしておりますが
これまで二泊三日より長期のお留守番をさせた事がありませぬ。
まだ何泊するか決めてはいませんが、如何によってはペットホテルに預けなくては。
夏場の閉め切った部屋は過酷ですよね...

●番外編その2)四国情報
一周約1,000km
面積約19,000km2
人口約400万
一周1,000kmなら経験上約5日ほどあれば
そこそこ充実した(寄り道できる)ツーリングが出来そうな気がします。
---------------------------------------

大体の情報が出揃った気がしますので、次に具体的上陸方法の検討へ。
後編へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父プチツーリング

すっかり関東は梅雨模様。
本日から一週間は雨雨雨...の天気予報です。
休日と晴れ間が上手くぶつかってくれるといいな。

そんなことを思いつつ、昼の野球後に涼を求めて秩父行き。
軽く走ってきました。
Photo秩父高原牧場より

Photo_2汗かいた後は温泉だよね。武甲温泉。800円

続けて秩父駅周辺で晩飯でも...と思い周辺をクルクルしてみましたが、
適度なメシ屋が見つけられず。居酒屋ならたくさんあるのに。
今度行くまでに下調べしておこう。

話変わって。
ここ数年走りゴケはしていないのですが、
立ちゴケは頻度が減らずしょっちゅうしています。年3、4回くらい?
今回も不覚にも倒してしまい、ついに長年耐え忍んだカウルが真っ二つに..._| ̄|○
ごめんよゼルたん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白米を水に浸します

無洗米なるものが世間の主流となりつつあるらしいお米業界。
と思ってたら「無洗米」が変換候補として出現しませんでした。
ということは実はまだお米は研ぐ方が一般的なのかしら。
うちの変換君がお馬鹿なのかも。
ところで無洗米と普通のお米の育て方は何が違うんでしょうね?

食生活の改善をすべく最近はお昼をしっかり食べるように。
そして節約を兼ねて手作りお弁当です。
冷凍&冷蔵食品様々。

とはいえご飯だけは朝に炊きます。
が、炊飯器なるものは持ってない(前持ってたけど友人に譲る)ので鍋で炊飯。
買ってもいーんですけど用途が炊飯に限られてしまい、
狭い部屋なのでなるべく道具は二役三役してもらっています。
...納得できる?

長い前置きはこの辺で。
前日夜に研いで朝に炊くわけですが、寝過ごしたときにはお弁当は諦めて放置プレイ。
その間にお米は水に浸かりっぱなしなわけでして...
夏場が近いこの時期にどの位もつのでしょうか。
自分メモです。

前日夜0時から水に浸けたとして、それぞれ炊いた結果(水浸け時間)。
・朝炊(08:00)
⇒問題なし。むしろお弁当として保持している時間が心配。
・夕炊(20:00)
⇒問題なし。意外にも。
・翌朝炊(32:00)
⇒お米の炊けた匂いと共に、何か本能が危険を告げる匂いが・・・
もったいないお化けと数分戦いつつ結局敗北。

20時間~30時間がボーダーラインのよう。
暑くなればさらにこの期間は縮むと思われますのでちゃんと早起きしましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日がサッカー月間

もう既に始まっていますが先週末より4年に1度のW杯開幕!
現地へ見に行けずともテレビの前で観戦です。

週末&開幕ということでさっそくはっちゃけ、
普段飲まない酒をかっくらいつつ金土曜と連荘で朝まで観戦。
途中うたた寝しつつも自分なりに楽しんでいます。
テレビ放映権が高くなりすぎて放映自体がなくなってしまうかも...なんて話も聞きますが、
それでも数多く放映してくれるテレビ局に謝辞を。

さて期待値が上がらない日本戦。
グループリーグ突破すら期待できないと悲観される状態ですが、
ありきたりなりに個人予想でも。

6/14(月) 23:00~ vs カメルーン 3-2 勝
6/19(土) 20:30~ vs オランダ    0-3 負
6/24(木) 27:30~ vs デンマーク 1-2 負
1勝2敗 グループステージ敗退

一戦毎の解説が出来るほど精通しているわけではないので
あくまで一素人の事前感想ですが、当たったら嬉しい様な敗退して寂しいような。
上の予想でデンマーク戦が引き分ければグループリーグ突破の可能性もあるかな...?
カメルーン戦は勝てる気がするんですよね、過去の対アフリカ勢との成績はそんなに悪くないはず。
後はどこかで川口の神がかりセーブが見れれば満足です。出場してほしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨前に

来週から関東地方もいよいよ梅雨入りか?という空模様らしく。
かつ今年の冬の寒さが厳しかったのに引き続き、
夏も冷夏の予報がちらほらと。

とりあえず今週末は晴れるみたいなので...
と今天気予報見たら曇りになっとるやん!
走り行こうと思ったけどどーかな?
日焼けはしなくて済みそうですね。

さて冷夏。
うちの部屋的には現在も高温なので涼しいと助かります。
そーいやそろそろ扇風機を出さないと。
その前にコタツ布団を仕舞って、
一冬の汚れが染み付いたカーペットをコインランドリーで洗って
ノミダニの季節なのでネコ洗って...あれ、走り行く暇ない?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

住み良い目黒

現場異動でいいことも。

お気に入りのラーメン屋麺屋 黒が現場から徒歩圏なので通う頻度が増えそう。
外食控えなきゃなんだけど。

後は有名と思われる美登利寿司もあります。
安くてネタ大きくてリーズナブル。いつも並んでいるので
時間を見計らっていく必要あり。

そしてここ数年定期診断含め通っている歯医者。
土曜日ではなく仕事中にちょこっと抜けて通えます。

基本新宿がホームタウンなんですが、
こーして書くと目黒も意外と住み易そう。
次引っ越す機会があれば近辺にしてみようかしら。

...と思いましたが仕事含め24時間地元になってしまうのはイヤ!
異なる景色が見たいの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現場異動は頻繁に

最近ブログ更新が週一になりつつ、
もうちょい更新頻度を上げたいと思う今日この頃。
あんま書くと愚痴ばっかりになる気がするからそこだけ気をつけよう。

6月より現場移動となりまして、
約1年ぶりに元のプロジェクトへ左遷召還されました。
現システムが現状のスキームに合わなくなってきたのに伴い
新システム更改として新規作成するとのこと。
期間は約2年。長いな...

一応今回は要件定義参加の上流工程からなので
気合入れて頑張っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »