« 小菅ツーリング | トップページ | 只見/嬬恋ツーリング(二日目 »

只見/嬬恋ツーリング(一日目

一日目
自宅 - 東北道栃木IC - 日光 - 霜降高原 - 只見

GWに二泊三日でツーリング。
今年は4月まで寒く天気もイマイチでしたが、
5月に入ると一転晴天と気温にも恵まれることができました。
さすが日頃の行いです。

朝5時半に起床しすばやく準備、7時には栃木ICまで。順調順調。
渋滞をなるべく避けるためと裏道スキーとして県道32号~15号~林道(舗装済)と辿り、とある神社で休憩。Photo古峰神社
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)で有名らしい。

Photo_2山の向こうに白い冠

名も無き裏道をひた走り日光着。
地元の工事のおっちゃん曰く、今年はやはり寒く例年では満開のツツジの花も
今はさっぱり状態。4月中には雪が4回ほど降ったとか。

日光では駅周辺を軽く見物し素通り。霧降高原へ。
霧降高原への道は昔のマップルだと有料道路になっているけど、
今は無料開放されているらしいです(2006年からとのこと)。Photo_3道中にある霧降の滝。
閲覧できる場所から遠すぎるので見る価値はあまり・・・?

さすがに元有料道路だけあって道幅は広く快適な道。
適度なワインディングを楽しみつつ大笹牧場着。
昼食も。Photo_4レストハウスとして観光地化されているよう。

Photo_5周辺の風景。雪はないみたい

Photo_6ジンギスカン定食。1,300円

Photo_7一発目のソフト。300円

牧場を出て北上、ほどなく福島県。
そろそろ温泉を...と湯西川へ向かってみる。
途中の県道249号線は狭い道なりに何だか惹きつけられるものがあったり。
湯西川に到着したものの、外湯が見つけられず。残念ながら素通り。Photo_8安ヶ森峠。雪で通行止

そろそろ本日の宿を決めるべく候補地の一つ国道121号~352号で湯ノ花温泉へ。
しらかば公園キャンプ場着。周辺山あいの中にテニスコートや広場等があり、
キャンプ場も施設の一つとしてありました。
つか単なる空きスペースにテント張っていーよ的な雰囲気。
湯ノ花温泉は共同湯がいくつかあるよーで、外来は手形的なもので入浴可能みたいでしたが
そんな全部は入らないしキャンプ場もイマイチなので今回はパス。

次候補の只見町青少年旅行村いこいの森へ。
この辺まで来ると国道なら1分1kmペースで走れるから見込みが立てやすくていいですな。

Photo_9まだ残雪があちこちに

Photo_10テント。バイクは700円

Photo_11キャンプ場はちょっとした高台に

本日オープンだったらしいこのキャンプ場。
まだ残雪が残る中、水はけはよいらしく地面は乾いていました。
バイクの先客は5組ほど。オートキャンパーはたくさんでしたが敷地が広いのでGWであれば混み合う心配なし。
バイクも乗り入れ可。ですが近くまで舗装道路も来ているので今回はそこに停めときました。

Photo_12駅でお出迎え。列車が上下合わせて7本/日しかなかった罠

Photo_13温泉はこちら。500円

只見はなんとなく会津地方ではそこそこの町と思っていましたが、
実際にはこじんまりしたとこでした。
スーパーが7時半で閉まるので温泉後の買出しは注意が必要です。
とはいえコンビニ(ヤマザキショップ)があるので最低限は揃います。

料理しようと思いましたがランタン点けるに必要なライターのオイル切れにより断念。
半年経つと霧散してしまうのでしょうか。
他のキャンパーが使ってた直火じゃなくても焚き火が出来るやつ、あれ欲しーなー。
帰ったら調べてみよう。電池式ライトの元でビールとソーセージをかっくらって就寝しました。
お休みなさい。

本日の走行距離:408km

|

« 小菅ツーリング | トップページ | 只見/嬬恋ツーリング(二日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18712/34527276

この記事へのトラックバック一覧です: 只見/嬬恋ツーリング(一日目:

« 小菅ツーリング | トップページ | 只見/嬬恋ツーリング(二日目 »