« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

お腹が気になるお年頃

最近お腹の凸具合が本気で気になり始め、
いつしか辞めてしまっていた腹筋を再開。
アニメ見ながら50回×2セット。きつい。

ホントは仕事帰りにスポーツクラブとか行きたいけど
帰宅時間があまりに不規則のため踏ん切りがつかない。
思い切って月会員とかになってしまえば継続して通うようになるかしら。

そんな話はさておき、よく行くラーメン屋麺屋 黒。
何気にこちらとは別に本店が中野にあることを始めて知りました。
今度はそっちにも行ってみよ。
Image104珍しく餃子付

相変わらずの魚介スープの濃さ。
癖になる味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆ツーリング

GWに買った土産を賞味期限が切れてようやく消化。
普段家で酒なんか飲まないのにツマミなんか買うからー。
しかも3袋分。

続けざまに日帰りツーリング。伊豆です。
伊豆には何回か行っておりますがいつも伊豆スカイライン経由がほとんど。
今回はコースを連れに投げっぱなしエスコートしてもらうことに。

朝6時半に厚木集合。
前日飲み会があったので睡眠は3時間ほど。
また連れに迷惑掛ける悪寒に不安を覚えながらさっそく30分遅刻。
朝早くなのに思ったより246号が混みあっていて、高速に入るタイミングを誤ったためです。
ぎゃふん。

小田原厚木道路で小田原着。
伊豆に入るルートは主に3つ。沼津か箱根か熱海か。
まあ東京からだと沼津は非効率なので実質2択ですが。
なるべく海沿いをグルッと回ることにしたので今回は熱海コースです。Photoさすが熱海、ホテルがいっぱい。でも温泉は見かけず

Photo_2伊東駅前。温泉は...?

なぜか小田原~熱海間は短い有料道路がいくつか。
そんなに一般道(国道)は酷道なのでしょうか。
有料道路でさっさとパスしてしまいましたが、次回は一般道で行きましょう。
料金所で立ちゴケするしね!_| ̄|○

伊東あたりまではなんてことはない道でしたが、その後南下していくと
山アリ景色見ごたえアリの退屈が紛れる展開。
しかしそんな道筋にも関わらず早くもあの病魔が...まだ午前中なのに。
ふらふらになりながら温泉で一服することに。Photo_3高磯の湯。700円(夏季800円)

Photo_4露天。かすかに見える島影は大島のよう

温泉なのかなんなのかよく分かりませんがあまり人気がないらしくこの日は客が一人だけ。
11時という時間帯のせいかもしれませんが。
裸で海に向かって叫ぶには都合のいい場所とも言えます。
石鹸等は一切なしのため体をお湯で流しましょう。

Photo_5プールがありました。夏季は営業するのかな?

Photo_6み...さき,,,?

さて温泉一服後、何をトチ狂ったか道中気になる看板があったので入ってみることに。Photo_7ワニ

Photo_8ワニワニ

Photo_9さらにワニ

Photo_10やっぱりワニ

途中で見つけた熱川バナナワニ園なるところへ立ち寄ってみることに。
ツーリング途中で観光し始めるなんて珍しいことです。
入園料1,300円に迷いつついざワニに会いに。

中はワニをメインとした動物園&植物園と表現すればいいのでしょうか。
確かにワニはたくさん種類がいたようですが傍目からはあまり区別がつかず。
しかも奴らほとんど動かないし。

Photo_11ジュゴン(ぇ

Photo_12蓮特集

100g最大で100kgまで耐えられるとか

園内は3分割されていて、それぞれ入場チケットが別になっています(セットで1,300円ですよ)。
今回は2ヶ所回ったので1ヶ所分余ってしまいました。
近いうちに残る1ヶ所も行きたいものです。Photo_13バナナこれだけ。バナナソフトクリーム。300円

そろそろ昼食を、ということで飯処を探す。
せっかく海沿い走っているんだからやっぱり魚介だよね!ってことで
港町の海女の丼家にてマグロ丼を注文。
Photo_14店舗は2階。1階は無料の足湯。食後にまったりどーぞ

Photo_15マグロ丼。1,500円

Photo_16何かの天ぷら。350円

Photo_17あら煮。500円

窓の外には港町。海を見ながら食べるマグロ丼は絶品なのです。
一品注文した天ぷらが2コ入りだったのでお互い1コづつ。
そしてあら煮。写真でみるとそーでもないのですがトンでもない量。
ふつーにこれとご飯だけで一食分イけるんですけど...
残すわけにもいかないので気合で完食。ゲプ。

この後下田まで行きたかったですが帰り時間を考慮して内陸部へVターン。
伊豆一周は日帰り行けそで行けないんだよなー。
今度は一泊してじっくり回りましょう。

伊豆の真ん中を南北真っ二つに通る国道414号を北上。
山道+バスのコンボでペースが上がらず病魔が再び浮上。
お願い...もう...眠ら...せ...て...
Photo_18道の駅天城越えのソフト

Photo_19淨蓮の滝。中々お勧め

帰る前にもう一風呂ということで修善寺に。
周囲は落ち着いた雰囲気で小京都のかほり。
ここもゆっくり回ってみたい候補になりました。Photo_20筥湯(はこゆ)。350円と格安

Photo_21誰もいなかったので中の様子をパチリ

中は簡素な檜(?)風呂。
周囲にいくつか温泉があるようなので一つ一つ気軽に回れるようになのでしょう。
湯も適温でまったり浸かれます。
気力も幾分回復。さ、帰りましょ!

帰りは箱根経由の国道1号線。
時間帯により混雑を懸念していましたが思っていたほどではなく無事箱根越え。
連れとは厚木で別れ、途中仮眠を幾度か取りつつ無事帰宅。
珍しく観光した!という気分になりました。
ちょっと走るだけとは違うツーリングにも目覚めそう。まったりとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康診断の結果がキタ

前回受けてきた健康診断の結果が返ってきました。
去年は2ヶ所怪しい箇所がありましたが、今回は1ヶ所に減少。やったネ!
...まあその1ヶ所が重症化しているオチです。

その悪化箇所は血液検査の「中性脂肪」。
1~149が適正値の中、380と高記録でした_| ̄|○
要精密検査のお誘いです。

説明文が添付されていたのでご紹介。
「体の中で、主にエネルギー源として使われます。
過剰になると、動脈硬化を始め成人病の原因となります。」
まあ想定内。食生活が悪いとなりやすいらしい。
前日酒飲んでいたからと信じたいトコです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

只見/嬬恋ツーリング(三日目

三日目
嬬恋 - 草津 - 渋川 - 赤城 - 日光 - 宇都宮 - 自宅

朝5時半起床。
一日目の只見に負けず劣らずこちらも寒いですが、
霧などは発生せずさわやかな朝。気温は1.1度。寒っ!Photo
こんな時間なのに他キャンパーも続々活動開始

Photo_2バラキ湖

7時前に出発。
本日は友人とツーリング合流するべく渋川で9時待ち合わせ。
その前に昨日時間がなく立ち寄れなかった草津温泉に入るべく急いで向かう。Photo_3草津温泉といえばここでしょう。西の河原露天風呂。500円

Photo_4外から中の写真(男湯)も撮れなくはないけど自重

有名だと思いますが100人以上は入れる大露天風呂。
湯の色は怪しい緑色に光り、かつ露天なのに湯熱は熱め...
なはずだけどさすがにこの時期の朝、多少は温くなっている模様。
猫舌な私は入る際にいつも苦労するのですが、この日はすんなりでした。

待ち合わせ時間もあるのでそそくさと再出発。
急がば回らずで国道を選択したけど失敗。
新緑を見に来たらしき観光客が路駐しまくっているのでなかなかペースが上がらない。
うーん、やはり裏道経由が正解だったか。

結局待ち合わせ時間から30分遅れて渋川駅到着。
すまん友人。

ルートを決めるべく話し合い。
デジカメを買って景色がいい所を撮りたいとのことで赤城山経由日光ルートを選択。
赤城山は行ったことがないけど山だしそれなりに景色はいいでしょう。Photo_5
ソフト三つ目。グリーンフラワー牧場

赤城山へは県道4号と16号の2パターン。
峠の景色がいいらしいとの情報を頼りに、裏道らしき16号から上ることに。
裏道だけあって見通しの悪く狭い道S字ターンが次々と。
友人は余り峠に慣れていないせいかペース上がらずまったりと。
しかし速度20kmは頂けない。もうちょい修行してくださいな。Photo_6今は無きケーブルカー駅

赤城山は新緑の期待に反して荒涼とした山でした...
草木の遮る物が少ないせいか風が強い。そして砂埃が舞う。
後に喉をヤラれてしまいました。

そんな喉の乾きを癒すべく試練が。
御神水なるものが階段下にあるようです。
超神水は上だったけど御神水は下。心憎い演出です(何が
Photo_7行くしかないでしょう

Photo_8...水はどこ?

Photo_9急カーブの先に...

Photo_10あった!

Photo_11と思ったら3種類も!!
絶対コレ中で分岐しているでしょ

降りるのに15分、昇るのに30分くらい掛かったでしょうか。
汲むもの持って行かなかったため、昇り切るとまたも喉はカラカラ...お馬鹿。

赤城山を下り日光へ向かうべく北上。
途中の片品渓谷に立ち寄り滝を見物。
Photo_12想像していたのとチト違う...
けど近くで見れたので満足

Photo_13さらに寄り道。尾瀬ドーフ
帰宅してから食したがマズ(ry

昼食をすっかり取りそびれてしまったのでどこか適当なところを物色。
足湯無料とセットの場所にある白根温泉でソバ注文。Photo_14冷やしたぬきソバ。720円

味の方は...
「足湯が無料だからついでに食事も同じところで、
と二度足を止めるのを嫌って横着すると損しちゃうんだからねっ!!」
という味わいでした(意味不明)
どーもこういう食事処に当たりを引くことができない。貧乏舌なのが救いでしょうか。

国道120号を東へ進み日光へ。
友人は華厳の滝や寺なんかを写真に収めたかったようなのですがそこはGW。
人混み具合が半端なく、写真は全て諦めました。また普通の週末にでも。Photo_15お土産買いに東武日光駅前でブラブラ

Photo_16四つ目。ハチミツソフト。美味!

さてこのまま帰宅というところで帰り道の混み具合が気になる時間帯。
検索してみると案の定混みあっているっぽい。
少しでも渋滞を避けようと寄り道して帰宅することに。
そうだ、宇都宮餃子で晩飯にしよう!

宇都宮の餃子は日本一。とはいえ味とかではなく消費量がという話ですが。
まあ消費が多ければ消費者の舌も肥えて味もそれなりなのでしょう、とこじつけて期待。
ただ事前のリサーチは何もしていなかったためとりあえず駅前に行ってみることに。

駅に行けば餃子マップの一つや二つ配っているさとタカをくくってみたものの、それらしいものは見つけられず。
じゃあ適当に歩き回ってみるかとウロウロ。
確かに餃子屋があるもののチェーン店らしき店構えが多い。
段々面倒になってきたので渋る友人を横目に無理やり駅前にあったチェーン店へ。
並んでいるから少なくとも大外れではない...はず。
Photo_17
宇都宮餃子館。他にも何店舗もあるみたい

Photo_18餃子とライスセットと揚げ餃子。1,010円

さすが宇都宮!こんな美味い餃子は初めてだ!...というような感動とは出会えず。
「うん、餃子だね。」
「そうだね、餃子定食だね。」
と双方納得の会話。

帰りは高速を使うつもりでしたが、宇都宮からは国道4号バイパスが快適との情報で
下道で帰ってみることに。東京まで100km。
確かに埼玉県境までは信号も少なくノンストップに近い形で戻れます。
途中一車線になる区間があり進みは悪くなりますが、
近場に東北道があるのでそこから乗り換えてもよし、時間と気力があればそのまま進むもよし。
今度からココ使おう。

泊りがけのツーリングは半年以上ぶりでしたが、
まだ未踏の峠道や快適な道を結構堪能できました。
泊まりだと行動範囲が格段に広がるので今年はもうちょい頻繁に行くようにしたいです。

本日の走行距離:409km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

只見/嬬恋ツーリング(二日目

二日目
只見 - 湯之谷 - 栄 - 湯田中 - 草津 - 嬬恋

朝6時。
そういえば寝袋のチャックが壊れていることを忘れていました。
寒さに震えつつテントから顔を覗かせるとそこは一面の霧景色。
手持ちの温度計で気温は1.9度。
まだまだこの時期の山の冷え込みを舐めてはいけない。

手早くテントを片付けて出発。霧はキャンプ場周辺のみ。
朝の冷え込みが体に心地良く沁みながら田子倉ダム到着。
ダムのすぐ向こうに白山。
山頂だけでなく全体が雪化粧でとてもキレイ...
電池切れで写真を残せなかったのが悔いに残ります。
来年の目標は決まったな。

国道252号線を抜けて湯之谷へ。
この辺りから新潟に抜けるには国道352号か252号のいずれか。
(もうちょい北上すれば49号も)
但し352号はこの時期冬季通行止めとなっているため実質一択なのです。
352号もそのうち通ってみたいもの。

湯之谷は名前の通り温泉がたくさんある町なのですが、
多くが352号沿いに固まっていて少々ルートから外れてしまうため今回はパス。
352号通る時に立ち寄りましょう。
Photoこの辺はちょうど桜が見頃

Photo_2桜に映える(?)

Photo_3魚沼スカイラインは途中で通行止

Photo_4雪壁の向こうは除雪してあるのに...

Photo_5野生のふきのとう

Photo_6道の駅信越さかえで昼食。
天ぷらときのこ汁とご飯で750円なり

Photo_7食後のデザート。ココは当たり

Photo_8のどか~

Photo_9トマトの国中条温泉。500円。
なんかの施設を流用したものっぽい。湯はイマイチ。

Photo_10いざ山の向こうへ!

さて本日のメインイベント志賀草津道路の渋峠へ向かうべく。
オーソドックスに行くと湯田中から志賀へ向かうところですが、
現在位置の栄町からだと秋山郷経由で直接志賀に抜けられるみたいなので
今回はそちらルートを採用。
Photo_11また雪..._| ̄|○

502秋山郷のみならず県道502号は全面通行止

残念ながらこの時期は林道通ってショートカット!的な
邪な考えは捨てた方がよさそうです。急がば回れ。
結局国道117号 - 403号でぐるーっと迂回して国道292号(志賀草津道路)を激走。Photo_12休憩にアップルパイ

Photo_13下界は花畑

Photo_14この辺から吹き上げが悪くなる

Photo_15一面雪景色

Photo_1617時で5度くらい

5m雪壁は高いトコで5mくらい

下界は20度近くだったのに峠では5度、そして降りるとまた15度。
体壊しますよ。
Photo_17バラキ高原キャンプ場

暗くなり切る前に2日目のお宿に到着。バラキ高原キャンプ場。
道を挟んで向こう側は別のキャンプ場。無印良品が運営しているらしい。
こちらはとは別。昔は100円だったこの場所も、運営法人が変わった今では10倍の1,000円に値上げ。
関東圏内ではまだ安い方だけどね。

Photo_18テント

ここは草津方面でキャンプする時の拠点として便利。
スーパーは近いし温泉は徒歩圏内。
炊事場もトイレもそこそこで快適です。
ビールかっくらって就寝。

本日の走行距離:368km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

只見/嬬恋ツーリング(一日目

一日目
自宅 - 東北道栃木IC - 日光 - 霜降高原 - 只見

GWに二泊三日でツーリング。
今年は4月まで寒く天気もイマイチでしたが、
5月に入ると一転晴天と気温にも恵まれることができました。
さすが日頃の行いです。

朝5時半に起床しすばやく準備、7時には栃木ICまで。順調順調。
渋滞をなるべく避けるためと裏道スキーとして県道32号~15号~林道(舗装済)と辿り、とある神社で休憩。Photo古峰神社
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)で有名らしい。

Photo_2山の向こうに白い冠

名も無き裏道をひた走り日光着。
地元の工事のおっちゃん曰く、今年はやはり寒く例年では満開のツツジの花も
今はさっぱり状態。4月中には雪が4回ほど降ったとか。

日光では駅周辺を軽く見物し素通り。霧降高原へ。
霧降高原への道は昔のマップルだと有料道路になっているけど、
今は無料開放されているらしいです(2006年からとのこと)。Photo_3道中にある霧降の滝。
閲覧できる場所から遠すぎるので見る価値はあまり・・・?

さすがに元有料道路だけあって道幅は広く快適な道。
適度なワインディングを楽しみつつ大笹牧場着。
昼食も。Photo_4レストハウスとして観光地化されているよう。

Photo_5周辺の風景。雪はないみたい

Photo_6ジンギスカン定食。1,300円

Photo_7一発目のソフト。300円

牧場を出て北上、ほどなく福島県。
そろそろ温泉を...と湯西川へ向かってみる。
途中の県道249号線は狭い道なりに何だか惹きつけられるものがあったり。
湯西川に到着したものの、外湯が見つけられず。残念ながら素通り。Photo_8安ヶ森峠。雪で通行止

そろそろ本日の宿を決めるべく候補地の一つ国道121号~352号で湯ノ花温泉へ。
しらかば公園キャンプ場着。周辺山あいの中にテニスコートや広場等があり、
キャンプ場も施設の一つとしてありました。
つか単なる空きスペースにテント張っていーよ的な雰囲気。
湯ノ花温泉は共同湯がいくつかあるよーで、外来は手形的なもので入浴可能みたいでしたが
そんな全部は入らないしキャンプ場もイマイチなので今回はパス。

次候補の只見町青少年旅行村いこいの森へ。
この辺まで来ると国道なら1分1kmペースで走れるから見込みが立てやすくていいですな。

Photo_9まだ残雪があちこちに

Photo_10テント。バイクは700円

Photo_11キャンプ場はちょっとした高台に

本日オープンだったらしいこのキャンプ場。
まだ残雪が残る中、水はけはよいらしく地面は乾いていました。
バイクの先客は5組ほど。オートキャンパーはたくさんでしたが敷地が広いのでGWであれば混み合う心配なし。
バイクも乗り入れ可。ですが近くまで舗装道路も来ているので今回はそこに停めときました。

Photo_12駅でお出迎え。列車が上下合わせて7本/日しかなかった罠

Photo_13温泉はこちら。500円

只見はなんとなく会津地方ではそこそこの町と思っていましたが、
実際にはこじんまりしたとこでした。
スーパーが7時半で閉まるので温泉後の買出しは注意が必要です。
とはいえコンビニ(ヤマザキショップ)があるので最低限は揃います。

料理しようと思いましたがランタン点けるに必要なライターのオイル切れにより断念。
半年経つと霧散してしまうのでしょうか。
他のキャンパーが使ってた直火じゃなくても焚き火が出来るやつ、あれ欲しーなー。
帰ったら調べてみよう。電池式ライトの元でビールとソーセージをかっくらって就寝しました。
お休みなさい。

本日の走行距離:408km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »