« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

東北ツーリング(二日目

二日目
鬼首 - 大曲 - 横手 - 湯田 - 小岩井 - 網張

朝7時起床。
予定は6時だったのでちょっと遅れつつ朝ご飯。
友人が用意してくれました。いい嫁になれるよ!

Image092 チーズとレタスとソーセージ

さて本日の目的は乳頭温泉ということで走りにも気合が入ります。
田園あり峠ありとバラエティーに富んだ道を休憩しつつ北上。
国道108号~県道57、275、30と。

北海道だと平野が続き過ぎて途中マンネリ化したり、
信州あたりだとまだ車が多かったりとちょっとした不満がありますが、
東北はその微妙なバランスが均衡していいかも。
これぞ東北って感じが一番感じられました。最高!

Image093_2休憩。朝からラーメン

順調に大曲市まで来てこれなら営業時間内に温泉着くかなー
というところで友人のバイクにトラブル発生!
ハンドルと本体を繋ぐボルトが脱落してしまった模様。
ハンドル切っても曲がれない自体になってしまったが、
コレ気づいたのがたまたま小休止で立ち止まったとこで良かった。
気づかずに峠道だったとおもうとガクブル。

近場のガソリンスタンドへ寄り応急処置ができないか検討してみるが、
適度なボルトがないと無理っぽいのでバイク屋にお任せすることに。
近場に友人がバイク買ったレッドバロン横手があるようなので巡航速度でレッツゴ。

無事に着。
着くなり店長が出迎えてくれて事情を話すとすぐに対応してくれました。
あって良かったレッドバロン。自分のバイクだったら門前払いなのかなーとか思うと少々不安に。
幸い出先で大きなトラブルはここ数年起こしてはいないけど、
日頃のメンテはもうちょいしっかりしようと改めて思うのです。

バロンの応急処置が完了し無事ツーリングを続けられるように。
とはいえ乳頭温泉には営業時間内に間に合わないと判断し、急遽ルートの練り直し。
せっかくここまで来たのだからと乳頭は諦めずに明日回し。
雫石の網張キャンプ場を宿として向かうことに。

たまたま横手ではB-1グランプリなる有名なイベントがあったらしーのですが、
時間の関係上今回はスルー。
後日新聞に横手焼きそばが優勝を飾ったと記事があり、
そんな有名なイベントだったのかとちょっともったいない気分。
横手焼きそば自体も結構有名な物だったらしー、図らずもまた来年の目的が出来ました。

Image095駅「ほっとゆだ」

Image094ほっとゆだ正面の食堂で昼食。てんぷら定食920円

横手から湯田経由で県道1号線をひたすら北上。
途中に寄ったほっとゆだ駅は駅の入り口に温泉が併設。
駅より温泉のほうが入り口大きいのが風情です。

Image0961号線ののどかな風景

Image099

Image097御所湖

途中の小岩井農場で夕食を仕入れ、無事本日の宿網張キャンプ場着。

Image107

Image108こちらもそこそこ広々

山をグングン登っていき標高700m超。9月とはいえかなりの寒さ。
その代わりと言ってはなんですが、空は晴れ渡り満点の星空!
ありきたりですが東京じゃまず見れない星の数、関東でよく使うキャンプ場でも
こんなにはなかったんじゃないかなー。
寒ささえなければずっと眺めていたいとこです。歳やね。

Image105 またもごった煮

Image106そして小岩井カレー。735円

キャンプ場に併設している網張温泉で温まり、夕食食べて就寝。
小岩井カレーはレトルトでしたが美味しく頂きました。
しかしレトルトは200円超えるとどれも美味以上の感動がないのが貧乏舌。

本日の走行距離:271km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北ツーリング(一日目

一日目
東北道 - 国見 - 上山 - 尾花沢 - 鬼首

久々に2泊3日の友人と泊まりツーリング。
前回行ったのが北海道ツーリングだからもう一年以上前になるのか。
乗ってなかった期間があるとはいえ長い。

今回は初めての東北ツーリング。
高速で青森までとか除いて今まで東北といえば会津ツーリングが北限。
北海道ばっかり目が向いてましたが今度は念願の東北です。きゃほい。

午前2時(!)自宅出発。
1k高速で込み合うのを予想しての早め出発でしたが、
それも空しく渋滞に巻き込まれ。皆早いよ!

適度に北上し国見IC着。これだけで250km消費ですよ。遠い。
一応目標として2日目昼過ぎに秋田にある乳頭温泉なるとこへ入ることを想定し、
そこから逆算して高速利用と道のりを決めました。
目指せ1日2温泉。

台風が心配でしたが無事逸れたようで、そこそこな天気の中快適に小走り。

Image069七ヶ宿湖

Image070は...花?

上山温泉街着。
映画「おくりびと」のロケ地となったとのことでノボリがあちこちに。
ここは旅館の日帰り温泉の他、地元の共同湯としての温泉が6ヶ所点在しています。
そのうちの一つ下大湯という共同湯に行ってみる。

Image073

Image072下大湯。100円。

2002年度版ツーリングマップルには50円と書かれていましたが、現在は100円です。
どこで値上がったんでしょう。原油高騰時?
掛け流しならあんま関係ないか。

中は昼前といえ地元の方とおもしき人が数名。
石鹸やシャンプー等洗う物がなく(持ち込み別途100円)、掛け湯したら入るシステムの用。
さっそく本日温泉1ヶ所目。お湯熱め。
さっと入れるのはいいですな。

街中を避け広大な田んぼの間を縫うように激走し、昼過ぎに尾花沢着。昼食です。
ここでは尾花沢牛なるものが有名らしーので肉を頂くことに。
とはいえそんな金もないのでランチは焼肉で。ステーキは高すぎた...

最初はマップルに載ってる庄屋という店に行こうとしましたが、
どうしても見つからない(潰れた?)ため近場の焼肉で。

Image077金鶏

たまたま目に入った店ではありましたが、ここは当たり。
肉が美味いのは当然にせよサービスがいい。店員も親切。
新たにマップルに載せてもオケ。

Image076焼肉定食。1050円。

Image075野菜や惣菜、ちょっとした肉までサービス

いよいよ本日の宿である吹上高原キャンプ場に。
ちと利用料高めのキャンプ場ですが、拠点の利便性と周辺の魅力ありそうな道路、
温泉併設etcを考慮して今回はここにしました。

Image080 連休で周りもいっぱい。主に家族連れ

Image079一年ぶりのテント

このキャンプ場の売りは広大な敷地。
多分100組以上のキャンパーがいましたがまだまだ余裕。
バイク乗り入れ可能なのもよし。

Image082広いよ!バイクは1k

Image085併設の温泉館。500円

Image088ご飯

Image087おかず。ごった煮

今回のキャンプでの夕食は自炊してみることに。
互いに鍋を持ってきてご飯とおかずを作りました。
ご飯は自宅から持って来ましたが、おかずは地元のスーパーで調達です。
特に本格的にやったわけではないので味はそれなりでしたが教訓が一つ。
塩と胡椒最強!
(2009/09/27訂正)
塩と思って家から友人が持ってきた調味料でしたが、
後日味の素だったことが判明。つわけで味の素と胡椒最強!

本日の走行距離:508km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャンプー交換

何で10/30にこんな固まって欲しいものが発売されるのか。
また積みゲになってしまう。

最近一貫して10年以上愛用していた
シャンプーやコンディショナーの種類を変えました。

4901234274976 今まではウテナのプロカリテシリーズ。
くせっ毛髪をストレートにという触れ込みで長年売れ続けていたようですが、
つい最近パッケージをリニューアルしたらしい。

そのあおりを受けて近所のひいきにしているドラッグストアで扱わなくなってしまい、
追い続けるか迷いましたが変えてみることにしました。
昔みたいに髪を伸ばしているわけではないので
そこまでストレートにこだわらなくなったのも一因。

J310070h_l で、次はコレ。炭のシャンプー。

前々からパッケージをみかけて気になっていたので
今回お試し代表に選ばれました。

ちょっと使ってみましたがなんとなくプロカリテに比べ
髪がパサパサになる印象。サラサラかパサパサといったら今んとこ後者かな。
もうちょい一度の量を増やしてみましょうか。

意外といいと感じたのが、液体が黒いのでういの白壁の浴槽にはねた場合すぐ分かる。
残りカスはカビとかの栄養になるらしいのですぐ気づいて洗い流せるのは好印象です。
次は性能で褒めてあげたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不動産投資フェア再び

先日こちらの会社主催のHome's不動産投資フェアなるものに参加してきました。

...あれ、どっかで見た出だし。
半年前に参加したセミナーに。

不動産投資の前段階からもう半年。
近々いい話が出来ると思いつつ、最近の市況の様子見をかねての参加です。

Image066会場内の様子。講演者によっては満員御礼

今回も色々な企業が出展してパンフゲット。
中古マンション区画専門からリゾート、財産1,000万以下お断りまで。

最近は景気が底入れして徐々に持ち直すのかといった話題がちらほら出ていますが、
結局なところ持ち直しても上昇までいくには後数年かかるんじゃないかと。
企業側が良くなっても一度冷えた家庭の消費者マインドはそうそう払拭されない...
つまり金利上がらないで!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »