« しめて450円 | トップページ | 志賀高原2日目 »

志賀高原1日目

一泊二日で志賀高原にスキー旅行。
例年は年に1、2回程度、かつ日帰り。
一泊するのはいつ以来かなぁ。5、6年ぶりな気がする。

当日3時。
生憎ながら東京は大雨。
暖かな雨になると天気予報で聞いていたので、現地も雨じゃないことを願いつつ出発。
今回は会社の同期4人でレンタカーの旅です。
つってもうち2人は転職していますので残り2人ですが。

関越から上信越経由で信州中野ICで降。
途中高速道路から眺めた限りではどこにも雪がなくて微妙に不安に。
と思いは杞憂に宿に付く頃には大雪まみれ。
さすが志賀。本州最大の広さ(多分)は伊達じゃない。Image065 玄関Image066 お部屋

今回お世話になる宿は木戸池温泉ホテル
ホテルの裏手にスキー場があります。なぜかリフト2本というプライベート的なとこですが。
部屋は上記写真で見える2階の一番右端でした。和室。Image059 部屋の中(チェックイン後)

チェックインはまだできないので、更衣室で着替えて荷物は車の中。
板をレンタル(今回はスキーにしました)して、いざスキー場へ!

ご存知の方はご存知でしょうが志賀高原は巨大。
とても一泊二日じゃ回りきれないため場所を絞って行動。
まずは最大標高である横手山を目指すことに。
他メンバは日本一高いとこにあるパン屋に興味ありの模様。
...パン屋。以前行ったなぁ。微妙だったなぁ、とは言わないでおく。Image050 生憎の曇り空時々雪
Image053 横手山パン屋到着。近すぎた

Image055 昼飯

さっそくここで昼食を取ることに。
ボルシチセット(盆の上:1,600円)とパン2つ(奥のパン2つ:550円)を注文。
パン3つもいらなかったな...そして山頂価格。
味はそれなり。

その後は三分の一のエリアに照準を絞り滑り込み。
ちょっと暖かだけど雪量十分雪質パウダー(圧雪されていないだけともいう)。
やっぱ東京から遠いだけでも雪質が違うなぁと満喫です。

今回はスキーとスノボが2人づつ。皆それなりに滑れるのでガシガシ!
...と行きたい所でしたが、全員徹夜明け(仮眠はちとあり)のためペースがなかなかあがらない。
10本滑ったかどうかかなぁ。と言ってる間にリフト時間終了によりタイムアップ。Image052 終始こんな天気だったのは残念

Image057 休日にもかかわらず人少なっ!ちと景色は楽しめない

一通り滑った後シャトルバスで宿へ帰還。
志賀高原は広いのでスキー場間に無料(リフト券持ってる人)のシャトルバスが運行しているのです。
本数もそこそこあるし便利。
つか本数大したことないのにこの筋肉痛の悪寒漂う疲労は明日へと不安を残します。

温泉入って夕食食べて。
あえてここでは詳しくふれませんが...夕食はスキー客向けでそれなり。
温泉はよかった。従業員も○。
さてこれから...!というところで酒も入り程なく全員朝までダウン。
ええ非常に健全です。

|

« しめて450円 | トップページ | 志賀高原2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18712/27901240

この記事へのトラックバック一覧です: 志賀高原1日目:

« しめて450円 | トップページ | 志賀高原2日目 »