« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

すっかりご無沙汰でした

久々にネコ画像。
相変わらずめんこいのです。

Image013

Image015

Image001 よく伸びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一ヶ月分

最近マンガを買いに行く暇なかったけど、よーやく時間ができたのでまとめ買い。

Image010 雑誌4冊 単行本10冊

雑誌は毎月買ってるもの(写真は季刊含)。
前は色々買ってたけど段々厳選していった結果今は4コマ雑誌3つに収まることに。
値段と読むマンガ数のパフォーマンスがいーのです。

他雑誌に載ってるマンガも追いかけたいけど1雑誌につき1、2コだからパフォーマンス悪い。
つわけでそれらは素直に単行本待ち。

単行本はここ一ヶ月で出たもの&店で目についたもの。
一応事前に毎月いつも買ってるものの発売日はチェック済。
当然月によって変動あるけど大体3~5冊くらい。
今回は大分多いほう。

雑誌をそんなに買わないので新規のマンガに気づかないのが目下の悩みどころ。
そーいった意味でたまーに気になる雑誌を気まぐれに買いつつ
新規物をチェックしています。他のサイトも参考にしたり。

毎日マンガを紹介しているサイトがいくつかあるけど、
あの辺を書き続けるモチベーションには感服です。
ホントにマンガが好きなんだなーと思えます。

まだまだたくさん面白いマンガがあるので少しでも知ってほしい、
自分も少しは紹介してみたりとか...続ける自信が_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道志ツー(同名多数

7月末までを峠ツーリング強化期間と決定。
タイヤ交換に備えて端っこ減らします。

つわけで第一回目は道志。
...何か?

道志はまったり道なわけですが、少しは急カーブがあるのですよ。
もしくは意味なくグワングワンとワインディングしてみたり。
(もちろん他の車がいないとこで)

今日は雲がやや多い天気でしたがその分気温がちょうどよし。
日焼けもそこそこに気持ちよく走れました。山の緑がキレイ。

軽く流して温泉入ってまったり完了。
手軽に行けていいとこです。

次は北の方、栃木あたりに行こっかなと。
地図見てたら何気に栃木は未開拓部分が多そうなことに気づいた。
考えたら高速使うのは関越ばっかだったから長野とか群馬が多かった罠。

時間があればキャンツーしたいが...一回くらいは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道に向けて その4 -実プラン編-

さてフェリーと高速が大体把握できたところで実際のプランを考えてみる。

あんまりのんびり行く時間もないけどフェリーは好きなので
ある程度ゆらり浸る時間欲しい。
とはいえフェリー内の半分以上は睡眠に使うので着いたら即走りたい。

「着いたら即走りたい」
この希望により半分以上の航路が対象外になってしまうんだよなー。
貨物船としての役割がメインだからトラック走るのに都合がいい夜着なんだろうけど...

行きは到着時間重視。

----------------
条件
・バイク250cc
・フェリーは閑散期の2等寝台
・ガソリン代は20km/ℓあたり150円
・フェリー乗り場までは最寄の高速使用
・走行による各種部品磨耗は考慮しない
----------------

(関越)練馬 - 新潟 - (日本海フェリー)新潟 → 小樽
高速5,700円。ガソリン代2,250円。フェリー13,800円
計23,750円ナリ。

帰りは疲労しているので近場重視。

(商船三井フェリー)苫小牧 → 大洗 - (東関東)水戸大洗 - 三郷 
フェリー22,500円。高速2,250円。ガソリン代750円
計25,800円ナリ。

往復5万、現地で5万、ペットホテル代7万、事前部品交換5万ってとこか。
...金貯めよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道に向けて その3 -高速道路編-

フェリーに乗るには乗り場に行かねばなりませぬ。
のんびり下道で行ければいーのだがなかなかそーはいかぬもの。

つわけで高速道路が行き帰りに必要な訳です。
特に帰りは疲れもピークだし、一刻も早く我が家に帰りたい。

-----------------
下記の見方

行きIC - 帰りIC
距離/料金(軽自動車)
-----------------
【高速道路】
1、練馬 - 新潟亀田
304.3/ 5,700

2、浦和 - 青森
674.7/10,750

3、浦和 - 八戸
626.6/10,050

4、水戸大洗 - 三郷
93.6/ 2,250

5、浦和 - 仙台港北
343.8/ 6,400

6、浦和 - 秋田北
579.9/ 9,350
------------------------------------------------
間違っている可能性ありなので実際利用する際には各会社のHPで確認してくださいな。

やっぱり都内から一番近いのはダントツで大洗。
帰りにはここから帰るのがオススメだが、海水浴場が近いので
その客とかち合うとICに入るまでに大混雑(去年経験)。
まあこっからなら下道でも行けるかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北海道に向けて その2 -フェリー復路編-

さて帰り。

復路はなるべく現地最終日を効率よく過ごす為に夕方~夜発が望ましい。
で、疲れているので着はなるべく自宅に近いとこ。
高速何百km走るのもノスタルジア感じなくもないが。

------------------
下記の見方
【フェリー会社名】
a(連番)、(航路発→航路着)

期間により値段が異なる場合は分けて記載。
左から、[2等寝台]/[バイク250cc]@[その金額合計]
------------------
【日本海フェリー】
z、苫小牧→新潟
19:30→15:30
期間A(8/08~8/18) 7,500/ 6,300@13,800
期間B(8/19~8/23) 8,100/ 7,500@15,600
期間C(8/24~3/31)11,900/ 9,500@21,400

y、苫小牧→秋田
19:30→07:45
期間A(8/24~3/31) 5,200/ 4,500@ 9,700
期間B(8/19~8/23) 6,200/ 5,500@11,700
期間C(8/08~8/18) 8,500/ 6,700@15,200

【商船三井フェリー】
x、苫小牧→大洗(夕方便)
18:45→14:00
w、苫小牧→大洗(深夜便)
01:30→19:15
期間A(9/01~9/30) 11,500/11,000@22,500
期間B(8/25~8/31)14,000/11,000@25,000
期間C(8/01~8/24)17,000/11,000@28,000

【太平洋フェリー】
v、苫小牧→仙台
19:00→09:20
期間A(8/25~3/31) 10,000/ 7,000@17,000
期間B(7/18~8/24)12,500/ 8,500@21,000

【シルバーフェリー】
u、苫小牧→八戸
21:15→04:45
24:00→07:30
05:00→13:30
09:15→18:15
期間X(特になし)  6,470/ 4,490@10,960

【東日本フェリー】
t、室蘭→青森
23:25→06:25
期間X(あるけど値段同一)  7,330/ 4,170@11,510

s、函館→青森
一日八便
期間X(あるけど値段同一)  2,950/ 2,540@5,490
-----------------------------------------------
間違っている可能性ありなので実際利用する際には各会社のHPで確認してくださいな。

帰りはなぜか夕方発が多いので帰るだけなら困ることはなさげ。
首都圏の人なら苫小牧→大洗(夕方便)(x)に集中するだろーけど。

逆に日程に余裕があるなら青森や秋田で降りて
東北ツーをちょっと楽しむのもありかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道に向けて その1 -フェリー往路編-

さて北海道。

本州からだと陸地がつながってないのでバイクで渡るには船か飛行機が必要。
あぁモトトレイン。

一応いつもはフェリーの「新潟 - 小樽」航路一択なわけですが、
最近の原油高とかで変わるかもしれないので再度見直してみました。
他の方も参考になれば。

つわけでまずは行き。
東京在住なんで名古屋舞鶴敦賀発は除外してあります。
スンマセン。

------------------
下記の見方
【フェリー会社名】
a(連番)、(航路発→航路着)

期間により値段が異なる場合は分けて記載。
左から、[2等寝台]/[バイク250cc]@[その金額合計]
------------------
【日本海フェリー】
a、新潟→小樽
10:30→04:30
b、新潟→苫小牧(秋田経由)
23:30→17:20
期間A(8/24~3/31) 7,500/ 6,300@13,800
期間B(8/19~8/23) 8,100/ 7,500@15,600
期間C(8/08~8/18)11,900/ 9,500@21,400

c、秋田→苫小牧
07:00→17:20
期間A(8/24~3/31) 5,200/ 4,500@ 9,700
期間B(8/19~8/23) 6,200/ 5,500@11,700
期間C(8/08~8/18) 8,500/ 6,700@15,200

【商船三井フェリー】
d、大洗→苫小牧(夕方便)
18:30→13:30
e、大洗→苫小牧(深夜便)
02:00→19:45
期間A(9/01~9/30) 11,500/11,000@22,500
期間B(8/18~8/31)14,000/11,000@25,000
期間C(8/01~8/17)17,000/11,000@28,000

【太平洋フェリー】
f、仙台→苫小牧
20:00→10:45
期間A(8/25~3/31) 10,000/ 7,000@17,000
期間B(7/18~8/24)12,500/ 8,500@21,000

【シルバーフェリー】
g、八戸→苫小牧
08:45→16:00
13:00→22:00
17:30→01:30
22:00→07:00
期間X(特になし)  7,160/ 4,490@11,650

【東日本フェリー】
h、青森→室蘭
13:30→20:00
期間X(あるけど値段同一)  7,330/ 4,170@11,510

i、青森→函館(在来線)
一日八便(所要時間約3:30)
期間X(あるけど値段同一)  2,950/ 2,540@5,490
-----------------------------------------------
間違っている可能性ありなので実際利用する際には各会社のHPで確認してくださいな。

個人的に重要なのは、
1、着時間
→フェリーで寝ダメするので着いたらすぐ走れる時間。
夜走ってもしゃーないし。
2、コスト
→社会人とはいえ出せないものは出せん。

上記から考えてもやっぱり新潟 - 小樽(a)がパフォーマンス高い。
原油高もなんのその(それでも少し値上がってるが)。
今年も行きはこれで決まりかな。発時間に間に合えば。

そー考えると首都圏民の大多数が利用すると思われる大洗便は
もうちょい着時間考えてほしいものです。他もそーだけど。
のんびりいけるなら八戸便(g)も捨てがたいが。

函館はもう縁がなくなってしまうのかな...サミシス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »