« 草津ツー(前編 | トップページ | 明日への抵抗 »

草津ツー(後編

二日目
六合 - 草津 - 渋峠 - 嬬恋 - 松井田 - 関越

起床。
寝袋のチャックが壊れてて閉まらず。無理やり包んだら中狭い。
微妙に寝づらかった。来年には寝袋買わないとなー。

そこそこ冷え込んだと思われるが9時にはもうポカポカ。
6時起7時半出発したかったが...まあ仕方あるまい。

つわけで出発。
GW恒例の志賀草津道路(国道292号)をのんびりと、
あぁ、この硫化硫黄の臭いがたまらない...と悦に浸りつつ。

Image022

Image023

Image024 まだまだ雪盛り

途中の有名どこ雪の壁もあったけど今年はやや小さめな印象。
ここ半月暖かかったからかな?

途中凍結もなく渋峠着。
乗鞍亡き今日本で一番標高高い一般道路。
変わらずスキースノボ客がたくさんいます。
中には雪の上でテントっぽいのを張って昼飯らしきものを食べているグループも。

Image025

Image026 ちと靄気味だが爽快!

ちと気が向いたので今まで行ったことなかった日本一高いとこにある
パン屋さんというとこに行ってみた。

しかし何のことはない、スキーの休憩小屋でパン焼いているというオチ。
パン屋じゃないじゃん...ま、普通に考えればわかるものか。
パンも微妙だったり。

ただリフトを乗り継いでいくので景色が抜群!
帰りもリフトなので下りのリフトが初体験できたのはよかったかな。
パンではなくてリフトに金払ったと思えばオケ。

Image027 だんだん...

Image028 だんだん...

Image029 ギャース!

Image030 そしてパン屋さん。つかロッジ

Image033 下り。指入っちゃった。

戻りは万座ハイウェイ。
だんだん雪が少なくなっていく様が下界に下りてきてるんだな、
と感じられてなんとなくホッと。

Image036 春はまだ遠し

嬬恋でちょっとしたお祭りやってたんで寄ってみる。
ちょうど地元の子供が太鼓で迫力ある演奏してました。
売ってたステーキ丼食べながら30分ほど鑑賞。
以前北海道行ったころもお祭りあればちょっくらお邪魔してましたが
あーゆーのはいいもんですな。太鼓もステーキ丼も。

Image037 入り口だけ

Image038 浅間山。ちとピンボケ。

この後ひたすら南下して上信越関越にて帰宅。
本日は温泉一回のみ。一日二回入りたいけどそのためには早起きしなきゃ。
そして早く寝ませう。

|

« 草津ツー(前編 | トップページ | 明日への抵抗 »

コメント

今年も草津ツーリング行ったんだね、お疲れsign01
写真で見る限りは、志賀高原結構snowあるんだね~。

北海道、楽しみにしとりますpaper

投稿: Aqua | 2008年5月 5日 (月) 23時06分

ども。
毎年恒例で行ってきました。
雪の見ながら走れる数少ないチャンスですからね。お勧め。

今年も迷惑かけます。

投稿: may | 2008年5月 7日 (水) 02時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18712/20784873

この記事へのトラックバック一覧です: 草津ツー(後編:

« 草津ツー(前編 | トップページ | 明日への抵抗 »