« クロ抜糸 | トップページ | 韓国その1 »

ご飯切り替え

以前おかしくなっていた内部カウンターがいつの間にやら直っていて、
当初の初期値が設定されているっぽい。
前の故障時に外部カウント数を改めて設定してしまっていたため、
直った時にこちらには反映されてなかった模様。

つわけで内部と外部のカウント数を合わせてみました。
もうすぐ一万ヒットだわーい。
まあそのうち何割かは自分とゆーことは気にしないでおこう。

手術が終わった機会に、ご飯を幼猫用から成猫用に切り替え開始。
これまで仔猫用は主に3品種。
Image155_2 Image156 Image157_1




いずれもカリカリ

この3種を適量適当に配分。
毎日同じメシなのはちと心苦しい感じもしますが...飽きない?

これとごくまれにウェットフードもあげてます。
でもまれなせいかあまり好まないご様子。

基本一日二食で朝出かける前と帰ってから。
帰ってからの一食分は少し時間をあけてあげるように。
帰宅直後と寝る前とか。

で、それぞれメシ後にはできる限り水またはぬるま湯を飲ませるように。
一回吐いた出来事があってからは防止策として継続中。
効いてるのかわからんけど幸いその後は一度も...いや一度しか吐いてない。

何の話だっけ。
メシの切り替えのため成猫用を少しずつ増やしていく予定。
成猫用は種類がいっぱいあっていーなー。
種類変えつつ食事パターンも増やせればいいなと思いつつ。

幼猫時代は栄養あるものを、と思い高いメシ買ってましたが、
成猫になったらどーしよーかと考え中。
コストだけ見れば安いのが断然お得だけど...
とりあえずは上記銘柄の成猫用を選択。
安いホムセンまでせっせと遠出買出ししてきます。

シロクロ、特にシロの毛並み触りが高いメシのおかげで大いに関連してるのではと思っていたり。
シロ毛並み凄まじくキューティクルなのですよ。
もうかわいいっ!すりすり(お馬鹿
Image153_1 Image154_2






仲良くネコキック

|

« クロ抜糸 | トップページ | 韓国その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18712/4526301

この記事へのトラックバック一覧です: ご飯切り替え:

« クロ抜糸 | トップページ | 韓国その1 »