« ノベルゲーは眠くなる | トップページ | JからVodaからSBから○○へ »

秩父ダートツーリング

週末は一泊二日を目論んでいましたが、
急遽シロがあんなことになってしまったので日帰りに変更。
それでも中止しない自分を許してシロ。
ほ、ほら!平日より遅く出かけて早く帰ってきたから!(それもどーかと

今回は急遽日帰りのため思いつきでコース設定。
紅葉見たいけど遠くまでは行けない。天気予報も微妙。
秩父の山奥なんてどーでしょう、まだ見ぬ中津川林道で逝ってみますか。

でっぱーつ!ちと寝坊したけど気にしない。
関越道乗って東松山IC降り、一路秩父方面へ。
東武東上線沿いR254を走っていると見慣れぬ駅名が。
はて、こんな駅なかった気が...と思い寄ってみる。

つきのわ駅。写真撮っておきゃよかったな
んー高校の頃沿線をたまに使っていたが記憶にない。
帰って調べてみると2002年開業とのこと。
人いないなぁ、売店のお姉さんが暇そうでした。

道の駅おがわまち着。
なんか地元っぽい出店がたくさん、お祭りかな。
そんなにめぼしいものはなかったけど何か食べたかったのでみたらし団子を。
うん、30円で売ってる某チェーン店とは明らかに違う味、ウマー。

のんびり秩父方面へ。連休のわりには空いてて安心。
山道走ってると牧場出現。ちょっとした観光地。
牛が間近でお食事中。柵のすぐそぼなので触れたり。
Image11500





牧場といえば...さむい

秩父を越えてさらに西へ。299号。
この道はいつもながらに空いてるなー。快適。

さてここからしばらく林道。
林道っつー名前でも舗装されているものも多し。

まずは金山志賀坂林道へ。
入り口はそーでもなかった紅葉が、
ぐんぐん登っていくうちに色鮮やかに染まっていきます。
Image11700 Image121_2





これからから見ごろまで

八丁峠近辺ではまっかー、まっきー、さむーい。
写真が悪くてあまりそう見えないけど。霧のせいにしておこう。
Image11800 Image119






ひたすら山道をくねくね進み、中津川林道入り口へ。
7年前のツーリングマップルでは18kmダートと書いてあるけど少しは舗装されてないかしら。

林道入り口は登山道の入り口でもあるらしく、登山客のバス停待ちがつれづれと。
けっこー若い人やカップルもいるなー、登山するのか。

で、人が集まれば観光地化してくるわけで。
ふれあいの森温泉なるものがあったので入ってみました。
...狭い、ぬるい、景色0。600円ナリ。
ザ・ケ・ン・ナ!!5分で脱出。入れば入るほど湯冷め必至。
あー久々に明らかなボッタクリに引っ掛かったー!
食堂も11:30-13:30しかやってないらしい。最悪だなここ。

体が冷えたところで林道へ。
自分のバイクはオンロードなので普段自らダートは行かない(入り込むことはままあるけど)
のですがガガガガッガがガガッガガガっ!
うーん、比較的フラットとはいえやっぱきびしー!ふ、ふとももが...
周りの景色見るよゆーなんてあんまりなさげ。
Image120_1





とりあえず1枚。紅葉は微妙かも

30km前後でひたすら走ってると一台のネイキッド車(スパーダぽかった気が)に颯爽と抜かれる。
すげー怖くないのかしら。
Image126





到着!一面霧です。

バイクが泥だらけに。掃除しなきゃ...
峠を超えて長野側。
なぜか雲が多いながらも晴れている。霧がない。
松の葉っぽいのが延々と道路両側に溜まっていてキレーなのです。
車も少ないし快適ワインディング。

さて帰り道は通称クリスタルラインから塩山抜けて中央道で。
このクリスタルライン、初めて走ったけどヤバイめっさ楽しい!
ひたすらうねうねうねうねうねうねうねうね
ろくに車も通らないし要所にしか道案内版ないし...
今回は帰り急いでたのでひたすら飛ばしたけど
次回はここ目的で今シーズンにもう一度来たい。つか行きます。
Image128




晴れ間に山並みキレー

...太ももが筋肉痛なのです。

|

« ノベルゲーは眠くなる | トップページ | JからVodaからSBから○○へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18712/4080149

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父ダートツーリング:

» レッドバロンの中古バイク [レッドバロンの中古バイク]
第一次大戦のヨーロッパ。深紅にひかる複葉式戦闘機を駆って大空を華麗に舞った無敵の撃墜王リヒトホーフェン。騎士道精神そのままに栄光と男爵と称賛され、今に語り継がれている。人々は人生に冒険とロマンを求め、体験し、この中から文化を築く。 このライダー像を“情熱的な紳士”としてデザイン化し、創業以来レッドバロンマークをライダーの、即ち象徴として掲げる。 ... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 01時28分

« ノベルゲーは眠くなる | トップページ | JからVodaからSBから○○へ »