« いざ会津 | トップページ | 慣れない運転は疲 »

会津ツーリング(前編

おととい(31日夜)ツーリングから無事帰宅。
シロクロも元気に留守番してくれていました。
部屋がいつもの2.5倍荒れていましたが。

最近バイクを買った友人と一泊二日の日程で会津にキャンプツーリング。
友人もブログを書いているので、両者違った視点からツーリングレポが楽しめるかと。
書いてくれればですが。友人のブログはこちら
...万一相反する内容があっても気にしないよーに。詳細部分は微妙かも。

一日目
東京 - 東北道 - 鹿沼IC - 日光 - 会津若松泊

まずは東北道の蓮田SAに7時集合予定。
自分7時40分着。友人同50分着。
ん、まあまあ息あってますな。

とりあえず大まかな計画としてキャンプ地は猪苗代周辺、
目的地へ途中まで高速を使用し、その後適当に下道を使用しつつ進むルートを採用。

そのまま東北道を進み、鹿沼ICで降り。
そっから面白そうな道を走りつつ北上していく予定だったのですが...
県道から日光に向かう途中で雨。友人は雨具を持ってきておらず。
まあ、晴れると信じたい気持ちもわからなくもないが。

仕方なく日光にて止むことを期待しつつ早目の昼食を取りルートを再検討。
おそらく面白そうな道≒山道は雨だろうということで、
比較的平坦な道っぽい国道121号をひたすら北上することに。

雨がシトシトと降りしきる中北上開始。
まずは日光を離れると雨はみるみる弱くなりついには降り止み。
やっぱり山の天気は変わりやすいな。
国道沿いの先々でおいしそうな蕎麦屋がちらほらと。
時間つぶしとはいえドライブインで適当に昼食を取ったことが悔やまれる。

眠い。
途中121沿いの鬼怒川温泉先、川治温泉の薬師の湯で一服。
立ち寄り湯は300円、別途休憩所利用に200円。
温泉は無色透明で匂いが少々。湯はぬるい。
あまり温泉温泉していない湯でありました。
でも効果は抜群。ちなみに自分の効果の計り方は、髪の毛が乾いた後のパサツキ具合。
いー感じでつるつるになります。天パー気味な髪もその日はおとなしく。

休憩所で一眠りどころか三眠りして時間に少々追われながら出発。
う~温泉三昧とはいかないな。
ひたすら北上。121は三桁国道とはいえある程度交通の要であり、交通量はやや多め。
天気もあまりよくなく景色が一望...といえるスポットはあまり存在せず。
淡々と走ります。

どーにか日暮れ前に会津若松着。山道はもう秋の空気...雨だから?
今回のキャンプ場は猪苗代湖近く49号沿いにある大野原インフラワービレッジに決定。
...背あぶり山は寒かった、色んな意味で。

風呂とご飯のため下界へ。
風呂はキャンプ場管理人に教えてもらった共同浴場へ。
会津若松駅すぐそばにあります。名前忘れた。ピボットというスーパーの隣。
350円と安いわりに風呂の種類もそこそこありかなりお得。
ま、天然温泉ではないようでしたが。地元民が多かったからそのくらいしゃーないか。

ご飯。産地物を食べたかったが、夜遅くなってしまったこともありその辺の飯屋で。
お腹空いてりゃ何でも旨い。

コンビニでお酒を少し買い込み、キャンプ場にて一日お疲れ乾杯。
とりあえず友人は初キャンプツーで自分がエスコートする立場だったのですが、
一応楽しんでくれてたようで。あまり計画らしい計画立てなかったけど。

自分もほとんど複数でツーリングすることはなかったので、
どんな感じで進めばいーか迷いましたが...とりあえずいきあたりばったり最強。

明日に備えて0:30就寝(遅っ!

|

« いざ会津 | トップページ | 慣れない運転は疲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18712/3289454

この記事へのトラックバック一覧です: 会津ツーリング(前編:

» キャンプ [キャンプ]
初心者からマニアまで、オススメのキャンプ用品を紹介 [続きを読む]

受信: 2006年9月 8日 (金) 11時10分

« いざ会津 | トップページ | 慣れない運転は疲 »