« 草津ツーリング(前編 | トップページ | 閑話休題 »

草津ツーリング(中編

昨日の続き

嬬恋を後にし、いよいよ今回メインの志賀草津道路へ向かいます。
途中昼飯をふらりと立ち寄った蕎麦屋で。
まあ特筆すべき点もなし。
Photo_18







万座ハイウェー入り口前の店。天ぷらそば、700円。


一路渋峠へ向かい、行きは万座ハイウェーを初めて利用。
有料道路だけあって道は快適。
この辺りからちょくちょくバイクを見かけるように。
みんなマスツーリング、俺には大人数で走るのは向かないなあ。
まあそんな仲間もあまりいないわけですが。

万座で温泉入ろうかな~と思いましたが、
なんかやけに車が多かったためパスすることに。
ゆっくり仮眠できそーになかったし、硫黄の香りだけで我慢。

この周辺から渋峠までついにお目当ての雪の壁拝見。
う~ん、たしかに例年のGW時期よりは高かった気がするけど、
思ったほどではないというのが正直な所。期待値高すぎたかな。
にしても毎年のことですが、写真撮るために路駐する人たちは何考えてんだか。

渋峠付近の駐車スペースで一服。気温は13時位で10度。暖かい...かな?
スキースノボしている人が一杯です。
確かにこんなてっぺんで滑れたらさぞかし気持ちいーことでしょうな。
Photo_19





一面雪山~


ここで地元ライダーと話す機会がありました。
買ったばかりの新車で昨日今日とここまで流してきたそーな。
どこもピカピカ、まだ走行距離61kmですよ。うらやましー。
道路開通最初の週末にも雪の回廊見てきたそうですが、
やはり高さ10m以上あったのではないかという話。
今は半分強にまで溶けてしまったそーな。
あらら、やはり連休前に行くべきだったか...最近暖かだったし。
Photo_20







白根山山腹から。眼下に草津


ライダーに別れを告げ、今日のキャンプ予定地へ。
の、前に草津の西河原温泉へ。
うわーん、観光客でコミコミだー。
だだっぴろいおかげで芋洗い状態にはならないけど。
ま~ここの温泉はいつ来てもいーわー、まったり温泉鉄の味。

キャンプ場着。今回は暮坂高原オートキャンプ場を利用。
バイクは1,000円。嬬恋と同じなので行ったことない方を使ってみました。
個人的には管理人さんの対応も好印象。嬬恋は横柄な態度取られたからなぁ、
民営化したとたんこんな管理人が常駐することになるとは...悲しい。

ちと休憩後、温泉とご飯を求めてブラリ外出。
六合村周辺を散策です。
にしてもこの村は草津が近いせいか商売っ気がない...いい意味で。
商店は17、18時に閉まってしまうし、観光客向けの店の売りが
地元手作りの商品ばかり。なんか穴場な感じ。

温泉は道の駅六合に隣接している応徳温泉に行ってみました。
施設自体は古いけど、受付の兄ちゃんの接客や温泉そのものはいい感じ。
これで露天があればサイコーだったんだけど。ぜひ希望っ!
この辺は温泉多いんで、村あげてがんばってほしーなー。

関係ないけど偶然この日友人も草津来てたらしい。
露天風呂のお勧め聞かれたからここ以外の近場を答えたのに、
結局この温泉に行ったらしい。
ん~お湯はいーけど多人数で行く雰囲気ではなかったし。
露天じゃないけど満足してくれてればいーが。

ガソリンとメシを求めて下界の国道へ。
ご飯はやはりふらりと見つけた釜飯屋。
店の名前忘れてしまいましたが、多分292号と145号が交差するところ、
セブンイレブンの隣の店です。
あ~メシの写真取ったのに行方不明。

真っ暗な山道のワインディングをゆったり楽しみキャンプ場着。
久々泊まり掛けのツーリング、わくわくしてなかなか眠れ...な...クー

|

« 草津ツーリング(前編 | トップページ | 閑話休題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18712/1741116

この記事へのトラックバック一覧です: 草津ツーリング(中編:

« 草津ツーリング(前編 | トップページ | 閑話休題 »